記事の詳細

 (30日・県営大宮ほか)

 第4日は3回戦8試合を行い、ベスト8が出そろった。

 市川越が昨秋4強のシード浦和実に3-2と競り勝って8強に進出した。エース左腕メンディスが4安打2失点完投した。浦和学院は本庄東に4-0で快勝。左腕佐野が16奪三振で完封した。

 打線が爆発した花咲徳栄は大宮東に11-2と大勝した。春日部共栄は山村学園に6-0で快勝。川越工は西武台に8-6で競り勝った。叡明は武南に6-4で競り勝ち初8強。草加西は埼玉平成を7-2で破り、ふじみ野は東農大三に11-2と七回コールド勝ちで初のベスト8に名を連ねた。

 2日間の休養日を挟み、第5日は3日、県営大宮と上尾市民で準々決勝4試合が行われ、浦和学院-草加西、ふじみ野-花咲徳栄、上尾市民で川越工-市川越、春日部共栄-叡明のカードで実施される。

16奪三振の完封 浦和学院・左腕佐野

 浦和学院の2年生左腕佐野が本庄東から16奪三振し、完封した。直球と切れのある縦スライダーをきっちりとコースへと投げ分け、「イメージ通りの投球ができた。三振の数より、低めに集めて打ち取ろうと思っていた」と危なげなかった。

 被安打4の好投。追加点を奪った後の七回には3者三振に仕留めるなど抜群の安定感だった。森監督は「縦のスライダーだけに頼らない投球や、調子が悪い中でも立て直せるようになればもっと良い」とさらなるレベルアップに期待した。

昨春から成長、4失点の粘投 本庄東・左腕桐敷

 本庄東の左腕桐敷は浦和学院に9安打され敗れたが、走者を背負ってからも粘りの投球で4失点にとどめた。昨春2回戦で浦和学院から6失点されたのと比較し、「成長した姿は見せられた。県営大宮という大きな舞台で力みが出た」と自らを冷静に分析した。

 適時打2本を浴び、スクイズや犠飛で加点され、王者の攻め手の多さに手を焼いた。田中監督も「どこまで通用するかを確認できて良い勉強になったと思う。自分のボールに自信をつけられたはず」とねぎらった。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会3回戦 4月30日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
浦和学院 0 1 0 1 0 1 1 0 0 4 9 1
本庄東 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
【浦】 佐野-秋山
【本】 桐敷-馬場
山本(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 3 1 0
杉山 4 0 0
家盛 4 1 1
蛭間 4 1 0
山本 3 3 0
秋山 2 0 1
本田 3 1 1
佐野 4 2 1
森川 3 0 0
30 9 4
 本庄東打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
桜井 4 2 0
宮本 3 1 0
石井 3 1 0
小野瀬 4 0 0
3 0 0
鈴木 3 0 0
馬場 2 0 0
桐敷 3 0 0
渡邊 2 0 0
H 中畝 1 0 0
6 江口 0 0 0
32 4 0
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四球 死球 失点
浦和学院 佐野 9 4 16 2 0 0
本庄東 桐敷 9 9 6 2 2 4
 試合動画

5回裏

佐野投手は1死から遊撃手の失策で出塁を許すが、後続を連続三振に打ち取る。

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る