記事の詳細

7回裏浦和学院1死二、三塁、山本が2点三塁打を放つ

 (3日・県営大宮ほか)

 第5日は準々決勝4試合を行い、浦和学院、市川越、春日部共栄、花咲徳栄がそれぞれ勝って、準決勝に駒を進めた。4強入りは浦和学院が5年連続、市川越は3年ぶり、春日部共栄は10年ぶり、花咲徳栄が2年連続。

 市川越は川越工に延長十回サヨナラ勝ちを収めた。市川越は4-2の九回に2点を奪われ、同点とされた。だが延長十回、四死球二つと安打で1死満塁とし、瀬山の投ゴロが敵失を誘いサヨナラ勝ちした。

 春日部共栄は叡明に4-3と競り勝った。先発した右腕高橋大が3失点完投した。浦和学院は草加西に5-0で快勝。二回、清水が右前へ適時打を放って先制し、逃げ切った。花咲徳栄はふじみ野に9-2と七回コールドで大勝。11安打9得点と打線が爆発した。

 5日の準決勝は県営大宮で浦和学院-市川越(10時)、春日部共栄-花咲徳栄(12時30分)のカードで争われる。

浦学、完封も攻撃陣に課題

 浦和学院は清水、近野の継投で完封勝ちしたものの、攻撃陣に課題は山積みだ。森監督からは「投手に助けられた試合」と厳しい言葉が出た。10安打8四死球で5点は物足りない。

 二回に清水の適時打で先制した後、スクイズ失敗、本塁刺殺と波に乗れない。走者が出ても緩い球が打ち切れず、攻めあぐねた。とはいえ、意地もある。七回には、山本が「打ちづらいというよりは打たされていた。振り切ることだけ考えた」と2者をかえす三塁打。秋山も三塁打で続き、ようやく追加点を奪った。

 八回にも1点を加えたが、打線につながりを欠いたまま。「野手が攻撃のリズムをつくれていない。どうやって得点に結び付けることができるのか、そこがまだまだ」と森監督の表情は険しいままだった。

エース終盤に悔い 草加西

 草加西はエース伊藤が踏ん張った。決め球のチェンジアップは精度を欠いたが、緩いカーブを使って緩急巧みに浦和学院打線を狂わせた。しかし、疲れの見え始めた終盤につかまり、伊藤は「ばてました。コースが甘く入ってしまった」と七回の3失点を悔やんだ。

 六回終わって0-1。5連覇を狙う王者を十分に苦しめた。初の8強にも進み、得たものは大きい。「ここまで勝ち上がったことはなく、大きな経験になった。今までにない成長」と井上監督はナインの奮闘をたたえた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会準々決勝 5月3日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
草加西 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
浦和学院 0 1 0 0 0 0 3 1 x 5 10 1
【浦】 清水、近野-秋山
【草】 伊藤-後藤
山本、秋山(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 4 2 0
杉山 3 0 0
家盛 4 3 1
蛭間 4 0 0
山本 3 1 2
秋山 3 2 1
本田 3 1 0
H7 赤岩 1 0 0
清水 4 1 1
1 近野 0 0 0
森川 3 0 0
32 10 5
 草加西打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
内田 4 1 0
清水 3 0 0
塚越 3 0 0
H 安田 1 0 0
松木 2 1 0
高橋龍 4 0 0
伊藤 3 1 0
後藤 3 0 0
吉田 2 0 0
恩蔵 3 0 0
28 3 0
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責
浦和学院 清水 7 1/3 2 8 4 0 0
近野 1 2/3 1 2 0 0 0
草加西 伊藤 8 10 3 8 5 5
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 3 8 0 7 1 1 11
草加西 10 4 0 1 1 0 5

 浦和学院が終盤の4得点で突き放した。二回、秋山、本田、清水の3連打で1点を先制。七回に山本、秋山の連続三塁打などで3点。八回は家盛が加点した。草加西は先発右腕の伊藤が緩急をつけて要所を締めたが、打線が援護できなかった。

 試合動画

7回裏、浦学の攻撃

1死三塁から秋山の三塁打で1点追加。本田の代打赤岩は一ゴロ。2死三塁。清水は三邪飛。

9回表、草加西の攻撃

近野の投球。1死から塚越の代打安田は三振、松木は中安、高橋龍は三飛で試合終了。

(浦学公式ホームページ)

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る