記事の詳細

 東京六大学野球は28日、神宮球場で最終週の早慶2回戦を行い、七回に打者一巡の猛攻で逆転した早大が1勝1敗とした。この結果、既に全試合を終えている首位・立大の35季ぶり13回目の優勝が決まった。立大は6月5日に開幕する全日本大学選手権に出場する。

「一体感」を意識

 立大の選手たちは、慶大が優勝した場合の閉会式に備え神宮球場のロッカー室で早大の勝利を見届けた。今世紀初優勝となった溝口監督は「この1週間は運を天に任せるしかなく、正直つらかった」とホッとした表情を見せた。

 沢田(現オリックス)ら3人がプロ入りするなど主力が抜け、個々の能力に頼らない「一体感」をテーマとしたチーム作りをしてきた。

 リーグトップの16打点を挙げている笠松(4年・大阪桐蔭)や4本塁打を放った山根(4年・浦和学院)の活躍に目がいくが、「それは結果論」(溝口監督)。1人の選手のバント失敗で敗れることがあれば、全員でバント練習をするなどして、一体感を意識付けるための取り組みを重ねてきた。

 2008年度に「アスリート選抜入試」が始まり戦力が底上げされたが、14年秋や昨春は、優勝まであと1勝というところで敗れ悔し涙を流した。それだけに喜びも格別だった。

(毎日新聞)

立大・山根佑太選手コメント

「法大戦で引き分け、慶大戦と明大戦で勝ちにつながる本塁打が打ててよかった。大学選手権につなげたい」

表彰選手一覧

大学名 選手名 学年 出身校
【首位打者】
早大 加藤雅樹外野手 2 早稲田実
【最優秀防御率】
法大 菅野秀哉投手 3 小高工
【ベストナイン】
立大 田中誠也投手 2 大阪桐蔭
慶大 郡司裕也捕手 2 仙台育英
慶大 清水翔太一塁手 4 桐蔭学園
慶大 倉田直幸二塁手 4 浜松西
立大 笠松悠哉三塁手 4 大阪桐蔭
法大 相馬優人遊撃手 2 健大高崎
早大 加藤雅樹外野手 2 早稲田実
慶大 岩見雅紀外野手 4 比叡山
立大 山根佑太外野手 4 浦和学院
拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る