記事の詳細

 全国高校野球選手権埼玉大会は23日、準々決勝が行われ、県営大宮公園球場第1試合は浦和学院が聖望学園を3-0で下し、準決勝進出を決めた。

 浦和学院は三回無死二塁で1番・矢野壱晟内野手(2年)が中前適時打を放ち先制し、七回にも2点を追加。先発の右腕・渡辺勇太朗投手(2年)が7回1安打、八回から継投した左腕・佐野涼弥投手(2年)が無安打無失点で無失点リレーで終えた。

 森監督は「いい形で勝てたけど、勝負はこれから(準決勝)以降」と引き締めることを忘れなかった。

(サンスポ)

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る