夢に向かう球児応援 浦和学院・鈴木康夫さん(49)

 「上尾の野本監督が、浦和学院の監督になるってよ」

 友人の言葉に「浦学に行きたい。子どもの頃からの憧れ、甲子園に行きたい!」。実力はありませんでしたが、甲子園に行けるかもしれないと、浦和学院に決めました。

 入学してびっくり。みんなデカイやつらばかりで、怪物と言われた半波、五輪メダリスト黒須などレベルの違いを目の当たりに。一つ下は浦学初のプロ野球選手・鈴木健、全日本で4番を務めた上武大監督の谷口とスター選手。おかげで私は3年間、鉢巻きを着けて野球部応援団として過ごしました。

 3年生の夏、甲子園に初出場できましたが、開幕日に野本監督が他界。天国から見守ってくれたのか、ベスト4まで進出できました。応援団ではありましたが、うれしかった。そして、プレーしている選手がうらやましかった。

 私は今でも甲子園を夢見ています。マスターズ甲子園に参加し、年齢、学年問わず、同じ甲子園という目標を目指していることが楽しくて仕方ない。

 3年間応援団でしたが、一度も嫌だと思ったことはありません。夢に向かって頑張ってるやつらが大好きです。これからも浦和学院の応援団であり続けます。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

セーター可愛くね?
浦学行きたいけどむりだぁぁぁあ、
お兄ちゃんと同じってのが無理だけど^

こんな世の中なのに学校とか行ってる場合じゃなくね。
なんかもう危機感無さすぎ。気をつけたってらなるときはなるんだよ!!!!!
とりあえず言いたいのは休校延長するべき。浦学は他と比べて人が多すぎるんだからもっと考えろよ!!!!

ほんとに学校行きたくない。往復2時間電車乗ってスクバに70人ギュウギュウに詰め込まれて教室に50人近くの人間いて浦学マンモス校なだけにリスクありすぎる自主休校しようかな🤷‍♀️

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ