浦学、市川越に完封勝ち 近野が渾身の投球 春季県大会

 (30日・県営大宮ほか)

 第6日は準々決勝4試合を行い、花咲徳栄、ふじみ野、山村学園、浦和学院がそれぞれ勝って、準決勝に駒を進めた。4強入りは花咲徳栄が3年連続、ふじみ野は初、山村学園は2年ぶり、浦和学院が6年連続。

 浦和学院は市川越に3-0で快勝。先発した右腕近野が5安打完封した。花咲徳栄は初8強の山村国際に12-0の五回コールド勝ち。16安打12得点と打線が爆発した。

 ふじみ野は狭山ヶ丘に9-4で打ち勝った。1-1の五回に打者一巡の5安打6得点で突き放した。山村学園は13安打7得点し、埼玉栄を7-0の八回コールドで下した。

 休養日を2日間挟み、第7日は3日、県営大宮で準決勝を行う。花咲徳栄-ふじみ野(10時)、山村学園-浦和学院(12時)のカードで争われる。

ピンチで渾身の投球 近野

 浦和学院が昨秋、完封負けを喫した市川越に“完封返し”だ。

 秋は2番手でマウンドに上がった右腕近野が背番号1を付けて先発し、最速139キロの直球を軸にスライダーを織り交ぜて散発5安打。「秋のリベンジをしようと思っていた。自分のピッチングができた」と笑顔を見せた。

 最大の見せ場だったのは、3-0の八回だ。安打と失策で1死二、三塁とされ、クリーンアップを迎えた。「3番、4番という意識はなく、自分の球を投げることしか考えてなかった」と渾身の直球とスライダーで3番高橋を空振り三振させ、4番原田は左飛に打ち取った。難局を無失点で切り抜けると、右こぶしを突き上げて雄たけびを上げた。

 冬の意識改革が実り、ピンチでここ一番の強さを発揮。「きつい練習を乗り越えて、気持ちの面で大きく成長した」と自信を深めた。左腕佐野、右腕渡邉の2枚看板に隠れていた存在が頭角を現し「投手事情が苦しい中、こういうピッチングをしてくれるのは大きい」と森監督はうなずいた。

あと一本出ず 打力向上誓う 市川越

 「一言で言えば、あと一本が出なかった」と市川越の諸口監督は敗因を語った。0-3の八回に岡本の左前打と敵失で1死二、三塁の好機をつくったところで一気に逆転といきたかったのが本音だった。冬場の打撃練習の成果がなかったわけではないが「まだ打撃力が足りなかったということ。もう一段階上げていかないと」と主将の岡本は打力向上を誓った。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会準々決勝 4月30日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
市立川越 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
浦和学院 0 1 1 1 0 0 0 0 x 3 11 1
【浦】 近野-畑
【市】 太賀-瀬良
蛭間2(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
中前 4 3 0
矢野 3 1 0
上野 4 1 1
4 1 0
蛭間 4 2 0
小町 4 1 0
荒木 3 1 1
近野 2 0 1
阿部 3 1 0
31 11 3
 市立川越打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
羽田 4 0 0
小菅 4 0 0
高橋 4 1 0
原田 4 2 0
瀬良 4 1 0
島田 3 0 0
太賀 3 0 0
H 二井谷 1 0 0
嶋田 2 0 0
岡本 2 1 0
31 5 0
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責
浦和学院 近野 9 5 7 2 0 0
市立川越 太賀 8 11 5 1 3 2
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 5 1 3 0 1 0 8
市立川越 7 2 1 1 1 0 7

 浦和学院は先発近野が5安打完封。二回に蛭間の二塁打から内野ゴロ二つで先制。三回に上野の左前適時打で1点を追加。四回は近野のスクイズで3点目を奪った。市川越は八回1死二、三塁の好機を生かせず。エース太賀を援護できなかった。

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

明日学浦の文化祭きてね〜
今年はどのクラスもレベル高めだよ‼︎

みんな明日暇なら学浦の文化祭来るべきじゃない?

29日(土曜日)浦学の文化祭があるので
来れる人は是非来てください!

浦学めっちゃ広いんで
色んなクラスの出し物などが見れると思いますよ!!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ