浦和学院が関東大会へ 決勝は3年連続で花咲徳栄戦

 浦和学院が6年連続19度目の春季関東大会(19日から、千葉)出場を決めた。河北将太投手(3年)が投打で活躍。公式戦初完封し打っては唯一の得点を挙げた。「周りのみんなが気を使ってくれ、みんなの声が大きかった」と笑顔で汗をぬぐった。4日に3年連続で花咲徳栄との決勝戦を迎える。

 森士監督は「投手陣は渡辺(勇太朗)、佐野(涼弥)がいない中、他の投手で勝てて決勝に来られたことは収穫。でも、投手が手薄なところで投手におんぶに抱っこになってしまったのは大きな課題です」と話した。大型右腕の渡辺、左腕の佐野については「関東大会で一応ベンチに入れようかと思っています。ギリギリ間に合うかなと。故障はあったが、もう7~8割、80~100球ぐらい毎日投げ込んでいる。(夏に向けて)1回実戦を踏んでおきたいところはある」と見通しを語った。

(日刊スポーツ)

浦学、6年連続19度目の関東大会出場

 春季高校野球埼玉県大会準決勝が3日、埼玉・県営大宮球場で行われ、第2試合は浦和学院が山村学園を1-0で下し、決勝進出を決めた。2位までに関東大会(19日開幕、千葉県内)の出場権が与えられる。

 河北将太投手(3年)が4安打6四死球8三振で完封し、6年連続19度目の関東大会出場を決めた。森士監督は「河北がよく投げたし、タイムリーも打った。層の薄い投手陣に野手陣がおんぶにだっこということだと思う。3年連続の決勝で花咲徳栄になるが、木っ端みじんにならないようにしたい。関東大会に出られるので、県大会に間に合わなかった投手が登録できればいいなと考えている」と控えめだった。

(サンスポ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ