早大・小島「最後はバテました」完封逃すも2勝目

 早大のエース小島和哉投手(4年=浦和学院)が完投で今季2勝目を挙げた。

 小島は速球のキレがよく、6回までわずか1安打ピッチング。完封目前の9回、先頭打者にソロ本塁打を許して完封は逃したものの、なおも続いた2死満塁を抑えて完投した。

 高橋広監督(63)は「ホームランを打たれたあとよく粘って抑えてくれた。あそこが成長でしょう。今日は満点に近いでき」と評した。

 もっとも当人は「最後はバテました。余計な力が入りました」と正直に振り返っていた。

(日刊スポーツ)

 



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

僕が白央社で働いているのは、帝王学の一環として父に指示されているからです。いずれ上に立つためには、組織がどのように動いているのか。その仕組みを学ぶことを課せられているのですよ。ですから、いつまでも鳥羽浦先生の面倒は見ていられないのですよね。

三塁へ!うまくけん制を投げた!キャッチャー喜多キャプテン!(2013選抜準決勝/#浦和学院-#敦賀気比)

浦和学院ではライフスキル向上を目指し、様々なボランティア活動に積極的に参加をしています☺️こちらの動画は沢山の生徒がボランティアとして参加した『さいたま国際マラソン』の様子です👍️✨ランナーへの給水など、一般ボランティアの方々に混じって活動しました‼️
#浦学
https://youtu.be/r2vBAegWby4

もっと読み込む...

 

アーカイブ