浦和学院が4強入り 矢野が2安打4打点2盗塁

 浦和学院が7回コールド勝ちでベスト4進出を決めた。

 右手首負傷で今大会ここまでスタメンを外れていた矢野壱晟内野手(3年)が、定位置の「2番・三塁」でこの試合からスタメン復帰した。さっそく、2安打4打点2盗塁の活躍。「迷惑をかけたけれど、みんなが頑張ってくれていた。これまでの分まで頑張りたい」と決意を示した。

 昨年からのレギュラーで、三塁守備では大声を出し続けるファイター。他校関係者たちからも「矢野の存在は大きい」と一目置かれている。森士監督(54)も「矢野がホットコーナーにいると、やはり落ち着く感じがある」と復活を喜んでいた。

(日刊スポーツ)

浦和学院が4強入り 四回に打者12人で6点奪う

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日開幕、甲子園)の南埼玉大会は18日、準々決勝が行われ、県営大宮球場の第1試合で、浦和学院が朝霞を11-4で七回コールド勝ちし、4強入りした。

 浦和学院は、4-3と追い上げられた四回に打者12人で6点を奪い、七回にも1点を加え、3投手の継投で粘る朝霞を抑え、コールド勝ちした。

(サンスポ)

1年美又が好リリーフ 最速142キロ 次戦も「絶対抑える」

 浦和学院が七回コールドで4強入りした。プロ注目で主将の蛭間拓哉外野手(3年)が3安打1打点と復調気配を見せ、唯一のベンチ入り1年生・美又王寿投手が救援し2回無失点。5年ぶりとなる夏の甲子園へあと2勝となった。

 勝利にも気を引き締めた。スコアでは大勝ながら、4-0とした三回に蛭間の落球から3失点。「自分が迷惑をかけてしまった」と主将は猛省し、直後の四回に右前へ適時打を放って取り返した。

 投手陣にはフレッシュな力が加わっている。森士監督が「十分な戦力」と評する美又が3回戦の志木戦に続き好リリーフ。最速142キロを誇る直球を武器に打者6人を完璧に抑えた。次戦へ向け、「絶対に抑えます」と力強い。

 15年以来の聖地切符獲得が近づいてきた。蛭間は「ここからが厳しい戦いになってくる」と勝ってかぶとの緒を締めた。

(デイリースポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学の渡邊か徳栄の野村どっちかは獲ってほしい😊

投手なら日体大の松本が1番でしょ。で、東洋大三羽ガラスなら断然梅津。でも適正はリリーフかな。リリーフなら松本の同僚の日体大の東妻や国学院大の清水もいいと思う。日通の生田目は今度こそ指名がしかも上位でありそう。あとは浦学の渡邉君はハズレ1位で消えてもおかしくないかと。

【🎃青学新聞10月号🎃】

✱ミス・ワールド・ジャパン
日本伝統文化賞受賞
三浦菜さんインタビュー🎌💕

✱相模原祭レビュー
武田玲奈さんトークショーの模様✨

✱出雲駅伝🎽

✱社会情報学部
鳥取県に分室 利用方法とは?🐤🐦

体育祭、浦学ライブキッズ集まってタオル広げて青春したい

中学ん時の卒業式今でも忘れない
当時浦学行ってる奴と朝早く行ってて…学校着いたら黒板真ん中にこれだけあった

いや、当時は餓鬼だったからナニコレで終わってたけど
普通に今みると好きよね(唐突

なんか深い

もっと読み込む...

 

アーカイブ