浦和学院・蛭間主将先頭に行進、渡邉「始まる」

 第100回全国高校野球選手権大会の開会式が、青空のもと満員の甲子園球場で行われた。

 5年ぶり13度目の出場となる浦和学院(南埼玉)は、蛭間拓哉主将(3年)を先頭に入場した。

 最速149キロの右腕・渡辺勇太朗投手(3年)は「(前日4日の)リハーサルとは雰囲気が違いました。やっと始まるんだなと感じました」と話した。

 初戦の12日、2回戦仙台育英戦(宮城)に向けて、調整を続ける。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

昨日 球場を出たら 浦学野球部の子が 『ありがとうございました』と 悔しい気持ちを堪えて あいさつをいつも通りにしてくれました。こちらの方が目頭が熱くなり 本当 どんな時も球場の清掃もするし浦学野球部の子は 最高に良い子と 改めて思いました。

平成9年以降に秋大会は、2年連続でV逸した翌年から、3年連続優勝を三回もやってますわ。これが浦学ドラマとでも言うのでしょうか。😮

心配無いだろう😗

浦学が白岡に負けたの番狂わせでも何でもないから。

もっと読み込む...

 

アーカイブ