2013年選抜V・小島和哉投手がエール「練習の成果しか出ない」

 第100回全国高校野球選手権記念大会で南埼玉代表の浦和学院は12日、仙台育英(宮城)との初戦に臨む。2013年、選抜大会で当時2年の左腕エースとして浦学を優勝に導き、夏の甲子園は仙台育英に初戦負けとなった小島(おじま)和哉投手(早大4年)が、後輩にエールをおくる。

 ――5年ぶりの夏の甲子園です

 南埼玉大会決勝の朝、森士(おさむ)監督に「頑張って下さい」とLINEを送りました。侍ジャパン大学代表の一員として、オランダの国際大会で優勝したので、その報告も兼ねて。すると「リベンジしてやる」と返信があり、決勝の相手川口が高校3年の夏に負けた相手だと思い出しました。試合後すぐ「おめでとうございます」と送りました。

 ――5年前の春の全国制覇は自身にどう影響していますか

 今の自分があるのは、あの舞台で勝てたからだと思います。今でも、つらい時は思い出して励みにしています。ただ、その年の夏の甲子園は仙台育英に初戦負けしました。準備が足りなかった、と思います。悔しい思いをしたこともまた、勉強になりましたが。

 ――高校時代で印象に残っていることは

 試合はもちろんですが、日ごろの厳しい練習のことが頭に残っています。あの練習があったから、試合でも結果が出せた。高校の2年半、一生懸命頑張った成果は、今も出ていると感じています。

 ――後輩にエールを

 甲子園は空気感も普段と違う。やってきたことを出すのが一番難しい場所です。それでも、自分たちがやった練習の成果しか出ない。だから、しっかり準備をして臨むことです。勝ち上がる能力はある。暑いので、体調管理とけがの予防を意識して。遠征先のブラジルから応援しています。

春の覇者、夏の初戦で敗れた5年前の雪辱なるか

 春の覇者が、夏は初戦で敗退―。小島和哉投手が味わった屈辱だった。

 13年春の選抜大会は全5試合に先発。決勝を含む3試合で完投し、県勢45年ぶり2度目の春の優勝の立役者となった。

 だが、同年夏の甲子園は、初戦の仙台育英戦で乱調。一回に1点を先取したが、その裏に6失点。三回に8得点で逆転するも、六回に追いつかれ10-10。九回、2死一塁で足がつり降板。救援した投手がサヨナラ打を浴びた。

 12日の初戦で、5年前の雪辱を期す。

(朝日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

わたなべくうやの質問箱です
最近回答した質問 → 「わたなべくうやにとって、浦学とは」

peing

わたなべくうやの質問箱です

何でも質問してください

peing.net

九州選抜 男子ダブルス✨

優勝 小川・樋口 日章 第1代表

準優勝 野田・浦 八代東 第2代表

3位 池端・嶽本 学附 第3・4代表

3位 中島・杉本 瓊浦 第3・4代表

浦学受ける人~!受験日みんないつ?

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ