U18侍、焼肉店で決起集会 永田監督「明日からまた頑張りましょう」

7日が誕生日の山田(左)と8日が誕生日の蛭間

 6日、明日の台湾戦に備えてU18アジア選手権に出場する高校日本代表は決起集会を行った。市内の焼肉店で食べ放題。英気を養った。 

 会の前には、7日が誕生日の高岡商・山田龍聖投手と、8日が誕生日の浦和学院・蛭間拓哉外野手にサプライズ。ナインの「ハッピーバースデー」の合唱後に、ケーキが運ばれ、二人を祝福した。さらに永田裕治監督からも宮崎県生産のクッキーが贈呈。二人は照れくさそうな笑顔を見せた。

 永田監督の「今日のこの時間はオフで明日のこの時間はオン。明日からまた頑張りましょう」という音頭で会はスタート。常葉大菊川の奈良間大己内野手がおひつから、全員分のご飯をよそい、大阪桐蔭の根尾昂内野手と藤原恭大外野手が配膳を担当するなど、チームの中でも立ち位置が別れてきた模様だった。3人が働いている間も、吉田輝星投手や柿木蓮投手はご飯をほおばっていた。

 熱戦からしばしの休息。ナインは高校生らしい笑顔を浮かべながら焼き肉を楽しんだ。

(スポニチ)

負けられない日本、はや総力戦の構え

 野球の第12回U18(18歳以下)アジア選手権大会は7日から、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で決勝進出を争う2次リーグが始まる。1次リーグ2勝1敗でA組2位だった日本は、7日に台湾(B組1位)、8日に中国(同2位)と対戦する。

 休養日の6日、公式練習で日本は精力的に動いた。野手はシート打撃で味方投手の全力投球を打ち込んだ。マウンドには山田龍聖(高岡商)、渡辺勇太朗(浦和学院)、奥川恭伸(星稜)の3投手があがった。前夜の韓国戦で150キロ前後の直球を打てずに1-3で敗れた。3人は沈黙した打線を鼓舞するように、本気で投げた。「強いボールをしっかり打つため。緩い球を打って修正している時間はない」と永田裕治監督は意図を明かした。主将の中川卓也(大阪桐蔭)は「負けたことを認めて、前を向いていかないといけない」と修正にいそしんでいた。

 2次リーグには、1次リーグで韓国に敗れた1敗を持ち越す。そのため7日に韓国が中国に勝って日本が台湾に負ければ、韓国、台湾の2勝と日本の2敗が確定。日本の連覇の可能性は消える。負けられない戦いを前に、永田監督は「使い残しをしてもしゃあない。スクランブルでいく」と投手陣が総力戦になることを示唆した。投打にフル回転を求められる根尾昂(大阪桐蔭)は、「監督から、いつ(投手で)出てもいけるように、と言われている。攻めて攻めて、仕掛けていきたい」と頼もしい。球数制限によって2次リーグで登板できない投手もいない。5日の韓国戦に先発した吉田輝星(金足農)も、ブルペンで待機することになりそうだ。

(朝日新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ