浦学、主導権握れず10年ぶり初戦敗退 秋季県大会

 (23日・越谷市民ほか)

 4球場で2回戦8試合が行われ、白岡がこの日から登場した今夏の甲子園8強のAシード浦和学院を5-4の逆転で下した。浦和学院の初戦敗退は10年ぶり。

 浦和は4番志田の勝ち越し2点三塁打などで、越谷東に5-4で競り勝った。山村学園はエース左腕和田が投打に活躍し、12-5で叡明に八回コールド勝ち。埼玉栄、立教新座はともにサヨナラ勝ちした。連覇を狙うAシードの花咲徳栄、いずれもBシードの春日部共栄と聖望学園は快勝し、3回戦に駒を進めた。

 24日は4球場で2回戦残りの8試合を行い、ベスト16が決定する。

主導権握れず初戦敗退

 Aシードの浦和学院が10年ぶりの初戦敗退を喫した。打線が好機で突き放すことができず、白岡にはワンチャンスをものにされた。森監督は「夏が終わってから時間がなく、チームを公式戦で戦える状態まで持っていけなかった」と悔やんだ。

 2-1の四回に徳弘のソロで追加点を挙げ、五回にさらに1点を追加したが、なお無死一、二塁から送りバント失敗と併殺打で無得点。流れを失うと、直後の六回に4失点で逆転された。森監督は「今度は時間がたっぷりあるので、立て直していきたい」と前を向いた。

(埼玉新聞)

浦和学院が敗戦でセンバツ絶望的「ミスが出た」主将

4回裏、1死から右翼へソロ本塁打を放つ徳弘

 浦和学院は初戦で白岡と対戦し、4-5と逆転負けで来春のセンバツ出場が絶望的になった。

 1回に先制点を奪われるも、その裏には2死満塁から徳弘渉内野手(2年)の右中間を破る2点適時二塁打で逆転。さらに4回には徳弘内野手のソロ本塁打、5回には畑敦巳捕手(2年)の右前適時打で1点を追加し4-1に。後半戦を有利に進めるかに見えた。

 しかし、6回表、先発の美又王寿投手(1年)、代わった永島竜弥投手(2年)が白岡打線につかまり逆転を許した。打線は6回以降、走者を出すもチャンスにあと1本が出ず。肝心な場面での走塁ミスも。12残塁も勝敗に響いた。

 主将の中前祐也内野手(2年)は「新チームから、守備で固めてリズムを作って攻撃につなげる野球を目指してきた。でも、守備でリズムが作れずにミスが出てしまった」と悔やんだ。

 森士監督(54)は、「自分たちのチームを作り上げられなかったということ。これからじっくり時間をかけて夏を目指してチーム作りをしていくしかない」と話した。

(日刊スポーツ)

試合結果

 2回戦 9月23日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
白岡 1 0 0 0 0 4 0 0 0 5 8 2
浦和学院 2 0 0 1 1 0 0 0 0 4 8 0
【浦】 美又、永島ー畑
【白】 迫田-三瓶
徳弘(浦)
山田、佐藤優(白)
徳弘(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 選手名 学年
1 下薗 2年
2 後藤 2年
3 中前 2年
4 2年
5 1年
6 徳弘 2年
7 水戸部 2年
8 美又 1年
9 齋藤 1年
     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

【社会学】データでわかる2030年の日本 《三浦 展》 洋泉社 2013-05-10 P: 携:https://t.co/6rsmOX9Mf3

浦学のショートの中前君を竹村二世とか言ってる動画、オレしか分からなすぎて最高

Amazon医学・薬学・看護学・歯科学 > 眼科学 売れ筋ランキング6位 形浦 昭克『2つの顔を持つ臓器 扁桃とその病気』

浦学の蛭間は来年早稲田に来るのか!楽しみやな

浦学の渡邉とか当たりやと思うんやけど全体20番目まで残ってるんかね

もっと読み込む...

 

アーカイブ