早大・小島、ドラ3指名のロッテからあいさつ「開幕からローテに入れるように」

 ロッテからドラフト3位指名を受けた左腕小島和哉投手(22)=早稲田大学=が7日、東京・新宿区の同大学内で、永野吉成チーフスカウト、井辺康二担当スカウトから指名のあいさつを受けた。

 永野チーフスカウトは、「コントロールとテクニックで勝負するタイプ。最近はなかなかいない。ウチは左の先発がいないので(ドラフトで)合致した。先発で十分やっていける」と即戦力としてのお墨付きを与えた。

 小島も、「大学からなのでプロですぐに結果を出さなければいけないと思う。開幕からローテに入れるように頑張る」と改めて決意を表明した。

 小島は浦和学院から早大に進学。東京六大学野球リーグ戦で通算22勝を挙げている。18年秋季リーグは最優秀防御率1・73をマーク。13年春のセンバツの優勝投手でもある。

 身長177センチ、体重81キロ。左腕から最速147キロの切れのあるストレートで打者の内角を鋭く突く。カットボール、チェンジアップなど変化球の球種も多彩だ。強気のピッチングが持ち味だ。

 早大では斎藤佑樹(現日本ハム)以来の投手主将を務めている。

(デイリースポーツ)

ロッテ、ドラフト3位・小島に指名あいさつ「開幕ローテ目指す」

 ロッテからドラフト3位指名された小島和哉投手(22)=早大=が7日、球団の指名あいさつを受けた。

 浦和学院高ではセンバツ連覇、東京六大学でも22勝を挙げ早大主将も務めた技巧派左腕は「大卒でプロに入る以上、即戦力として開幕1軍でローテーション入りを目指して頑張ります。これからキャンプまでに2カ月で1年間戦える体力をつけていきたい」と強い意気込みを口にした。

 左腕の先発不足というチームの補強ポイントにも合致するだけに、永野吉成チーフスカウトは「テクニックは高校時代からあるのは分かっていたし、これに球威がつけば。何より主将としてやってきたキャプテンシーに期待したい」と話した。

(サンスポ)

ロッテ3位小島に「球界に少ないタイプ」先発太鼓判

 ロッテのドラフト3位、早大・小島和哉投手(22)が7日、都内の同大で永野チーフスカウト、井辺担当スカウトから指名あいさつを受けた。

 浦和学院時代にセンバツを制し、東京6大学リーグでは通算22勝をマーク。「千葉ロッテマリーンズの応援は12球団で一番すごいと思うので、その応援の中で投げることができるのは非常に楽しみです。大学の先輩である大谷さん、中村さんからいろいろ話を聞いて、1日も早くチームに溶け込み、開幕ローテーションを目指して頑張ります」と意気込んだ。

 豊富な変化球と制球力を武器に、貴重な左の先発として期待される即戦力候補。永野チーフスカウトは「パワー型じゃなくてテクニックとコントロールで勝負する。今は球界に少ないタイプ。先発として十分、力があると思います」と太鼓判を押した。

(日刊スポーツ)

ロッテドラ3の早大・小島「開幕ローテ狙う」

早大の小島和哉投手(左から2人目)を囲み、ポーズを取る(左から)早大の高橋広監督、ロッテの永野吉成チーフスカウト、井辺康二担当スカウト=7日午後、東京都新宿区の早稲田大学大隈会館

 ロッテからドラフト3位指名された早大の小島和哉投手(浦和学院高出)が7日、東京都新宿区の早稲田大学大隈会館でロッテの永野吉成チーフスカウトらから指名あいさつを受けた。小島は「『これから始まるんだな』と、身の引き締まる思い。高卒と違い、大学からプロに行くので即戦力で活躍することが一番。開幕ローテーションを狙いたい」と決意を新たにした。

 ロッテは不足している左の先発候補として、東京六大学リーグで通算22勝を達成した小島を高く評価。永野チーフスカウトは「高校時代から高かったテクニックに加え、球威が備わった。伸びていき続けている感じ。先発として十分に力を発揮できる」と大きな期待を寄せている。

 目指す投手に早大の先輩でソフトバンクの和田と、今季限りで巨人を引退した杉内の左腕2人を挙げた小島。来年のシーズンインに備え、トレーニングを積んでいて「技術、体力ともに一回り成長したい」と力を込める。

 ロッテの印象については、「応援が12球団の中でものすごい」と語り、「ファンに愛される選手になりたい」と目を輝かせた。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ