西武、ドラフト2位指名の浦和学院・渡邉と仮契約

 西武からドラフト2位指名を受けた浦和学院・渡邉勇太朗投手(18)が21日、さいたま市内で入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸650万円で合意した。

 プロで対戦したい打者を問われると「レベルの高い選手、全員です。同年代なら、藤原、根尾、小園と対戦したい」と元気よく答えた。

 交渉の場は、「割烹 浜寿司」。同校の選手が歴代、プロとの入団交渉に使ってきた老舗店だ。渡邉は入団合意後にはカウンターに立ち、すし握り体験も行った。

 すしは大好物で、軽く50貫は食べるという。プロフィルの身長は190センチだが、2週間前に計ったら、今夏の190・4センチから190・7センチに伸びていた。1日7時間半の睡眠も欠かさない。よく食べ、よく寝る大型右腕は「まだまだ体が出来ていない。1年目は2軍で登板させてもらいながら、体づくりをテーマにしたいです。2年目からは、1年目次第ですが、できるだけ早く(1軍の)ローテに入りたいです」と、プロでの未来図を描いた。(金額は推定)

(日刊スポーツ)

西武、浦学・渡邉と仮契約 初の寿司握り体験で器用さも披露

 「新・寿司ボーイ」が誕生した。西武からドラフト2位指名された浦和学院・渡辺勇太朗投手(18)が21日、埼玉県さいたま市の「割烹 浜寿司」で入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸650万円で仮契約した。 

 これまでも浦和学院からプロ入りした選手が仮契約を結んできた「浜寿司」で晴れてプロ野球選手の第一歩を踏み出し「凄く実感が沸いてきた」と話した渡辺。店内では初の寿司握り体験も行われた。

 寿司職人さながらの姿でカウンター内に足を踏み入れると、大将の教え通りに大トロを握って自らペロリ。「微妙な力加減で難しかったです。口に入れた瞬間溶けました」と感激のようす。1メートル90の長身から見せるマウンドさばき同様の器用さを披露した。

 エンゼルス・大谷翔平を目標に掲げる将来性豊かな右腕は「できるだけ早くローテーションに入って活躍できればいい。2桁勝利を挙げてチームを優勝に導ける選手になりたい」と目を輝かせた。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

リバディファンファーレ〜怪物〜浦学マーチ
♪キタ───O(≧∇≦)O────ッ♪

来年プロ行って欲しい人

東海山崎
立正渡部
ENEOS藤井
山学平野
浦実豆田

こんなもんか、jfeには今さっき失望した

この試合
観戦した試合で浦和学院に勝った!
実は母校になってた学校。

高森君が投げて打たれる気はしなかったけど、三又君打てる気もしなかった。

ほぼ、負け試合で勝ったのは浦学に勝ちたいと言う執念より、負けたくないと言う執念だったのかな。

夏に続いて良き試合を見せていただいた

もっと読み込む...

 

アーカイブ