BC新潟・熊倉巽、来年ドラフト指名されるよう結果出す

 BC新潟の新入団選手会見が6日、ハードオフ新潟で行われた。10人の新戦力の中で、ただ1人の新潟県出身者は地元枠で入団した熊倉巽外野手(22=糸魚川市出身)。今年のドラフトでDeNAに6位で指名された知野直人内野手(19)に続く、地元出身者のプロ入りを目指す。

 BC新潟のオレンジ色のキャップをかぶると、熊倉の表情が自然と引き締まった。「目標はプロ入り。来年のドラフトで指名されるように」。入団会見はその1歩目。アピールポイントは「打撃です」と言い切る。「大事な場面で1本打つ」。目標とするのは広島鈴木誠也だ。

 今年の明治神宮大会大学の部で準優勝した環太平洋大から11月の独立リーグドラフト会議地元枠で入団した。「新潟でプレーできることがうれしい」。糸魚川中を卒業し、浦和学院(埼玉)に進学した。大学は岡山。地元でプレーするのは糸魚川中時代に所属した糸魚川シニア以来になる。

 雪辱の思いが強い。浦和学院では2年の秋に一塁手で4番を打ったが、潰瘍性大腸炎で体調を崩し、春、夏はベンチ外。環太平洋大2年で外野手に転向。ただ、公式戦のスタメンはなく、明治神宮大会も代打で2試合出場しただけだった。「ここでしっかり結果を出したい」。高校、大学で力を発揮できなかった悔しさを、ドラフト指名を勝ち取るバネに変える。

 父登さん(50)は糸魚川シニアの監督だった。現役時は糸魚川高から駒大に進み、本田技研和光(現ホンダ)で外野手として活躍した。「昔は怖かったけど、今は優しい。(BC新潟入りは)少し喜んでくれたと思う」と笑う。プロ入りは、恩師でもある父への恩返し。来年は吉報を伝えるためのシーズンが待っている。

熊倉巽(くまくら・たつみ)

 1996年(平8)5月20日生まれ、糸魚川市出身。糸魚川小2年で野球を始める。糸魚川シニアでは捕手。浦和学院で一塁手に。環太平洋大では1年の春季にベンチ入り。175センチ、800キロ。右投げ右打ち。背番号29。

(日刊スポーツ)

熊倉選手「強みは長打」 新加入10人が抱負

 プロ野球独立リーグ・BCリーグの新潟アルビレックスBCは6日、新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアム新潟で新入団会見を開いた。地元選出枠で糸魚川市出身の熊倉巽(たつみ)選手(22)=環太平洋大=ら10人の選手がそれぞれ抱負を語った。

 熊倉選手は糸魚川中学校を卒業後、強豪の浦和学院高校(埼玉)へ。2年の秋からは4番、一塁手で活躍し、環太平洋大に進学した。熊倉選手は「新潟に帰って来られてうれしい。強みは長打のバッティング。大事なところで確実に1本出せるように成長したい」と語った。今回、アルビBCには外野手として採用された。

 池田拓史社長は「フレッシュで楽しみな戦力の10人が入団してくれた。7年ぶりの独立リーグ日本一を達成するシーズンにしたい」と意気込んだ。

 ほかの新入団選手は次の通り。(敬称略)

 【投手】海老塚耕作(21)=函館大▽中園大樹(18)=柳ケ浦高▽山崎智也(21)=静岡大▽三木田龍元(25)=徳島インディゴソックス【捕手】西沢知史(22)=信越硬式野球クラブ▽松山翔吾(21)=滋賀ユナイテッドBC【内野手】内藤晃裕(22)=大阪体育大▽佐藤亮(22)=明治学院大【外野手】石森亨(22)=立正大

(朝日新聞新潟版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ