室蘭シャークスに新人4選手合流 田畑瑛仁選手「レベルアップ目指す」

室蘭シャークスに入団する(左から)小林俊己選手、永森竜次選手、丹代匠哉選手、田畑瑛仁選手

 社会人野球の室蘭シャークスに今春入団する大学生の新人4選手が合流した。いずれも大学野球で活躍した野手で、攻撃力アップが期待される。既に練習に参加している4選手は「良い雰囲気のチーム。少しでも試合に出て貢献したい」などと話し、5年ぶりの都市対抗大会出場へ意気込んでいる。

 4選手は小林俊己外野手(22)=函館大―秋田・能代松陽高、永森竜次外野手(22)=札幌大―北照高、丹代匠哉(たんだいしょうや)捕手(22)=山梨学院大―旭川南高、田畑瑛仁(あきひと)捕手(22)=中央大―埼玉・浦和学院高。

 小林選手は秋田県出身。函館大で主将として昨秋の明治神宮大会に出場。4番を任され、道六大学のベストナインに3回選ばれた左打者だ。勝負強さに加え、50メートル5秒9秒の俊足を生かし、「最初は代走でも試合に出場したい」と意欲を燃やす。

 永森選手は石狩管内新篠津村出身。「フルスイングに自信があるので、打率を上げ、クリーンアップを打ちたい」と目標を掲げる。

 丹代選手は宗谷管内浜頓別町出身。旭川南高では主将で4番だった。「活気のあるチームなので自分も頑張る」と抱負を語る。

 埼玉県出身の田畑選手の父親は、プロ野球の東京ヤクルトなどで投手として活躍した田畑一也さん(現・東京ヤクルト投手コーチ)。中大ではレギュラーだった。「肩と打力には自信がある。さらにレベルアップを目指す」とアピールする。

 シャークスは昨年、5年ぶりに日本選手権に出場したが、初戦で敗退した。今季の目標は、まず都市対抗大会出場。新人4選手を加えて5、6月の道予選に臨む。

 比嘉泰裕監督は「投手は安定しているが、接戦を勝ち抜く力が必要。4人とも守りだけでなく、打力もあり、攻撃力向上へ期待している」と話す。

(北海道新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ