中大の1年生近野が好投 東都準硬式野球

 2季ぶりの優勝を狙う中大が延長戦の末に専大を振り切って先勝した。3回、重盗で先制すると4回に専大・武内公佑(2年=常総学院)の2点三塁打を許して逆転されるが、5回に敵失などで2点を挙げて再逆転。9回に追いつかれたものの、10回、四死球に敵失をからめて勝ち越した。

 中大先発の近野佑樹(1年=浦和学院)はリーグ戦初登板で先発の大役を任されたが、速球、スライダーなどの変化球を低めに集めるテンポのいい投球で9回途中まで3失点と試合を作り、勝利に貢献した。

 中大・近野佑樹「大学初戦を白星で飾れて良かったです。フレッシュさを前面に出し、勝利に貢献していきたいです」

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ