LINEで送る


浦和学院、甲子園初優勝の軌跡(第85回センバツ)

pagetitlelogo_030

 第85回選抜高校野球大会で悲願の全国制覇を達成した浦学野球部。これまで数多く甲子園に出場しながらなかなか手が届かなかった優勝旗を、創部から35年、森監督就任から21年かけてつかみ取った。埼玉県勢の甲子園優勝は1968年春の大宮工以来、45年ぶり2度目の快挙となった。努力すれば夢は叶うということを結果で示してくれた選手たち。次の目標は県勢がまだ成し遂げていない夏の日本一だ。

 甲子園優勝の足跡
tosa  2回戦 2013年3月24日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
土佐 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
浦和学院 0 1 0 0 0 1 0 2 x 4 6 0
【浦】小島-西川【土】宅間、高橋-南
▽二塁打 南(土)
chuo  3回戦 2013年3月29日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
浦和学院 2 0 0 0 0 3 1 5 0 11 14 1
山形中央 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 2
【浦】小島、山口-西川、高田【山】高橋凌、高橋和、石川-羽賀
▽本塁打 高田(浦)▽三塁打 贄、竹村、木暮(浦)中村(山)
▽二塁打 高田(浦)高橋賢(山)
hokusho  準々決勝 2013年3月31日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
北照 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3
浦和学院 2 0 0 0 2 0 6 0 x 10 10 0
【浦】小島、山口-西川【北】大串、山田-小畑
▽本塁打 高田(浦)▽三塁打 贄(浦)▽二塁打 山根(浦)
kehi  準決勝 2013年4月2日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
敦賀気比 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
浦和学院 2 0 0 0 3 0 0 0 x 5 11 0
【浦】小島-西川【敦】岸本-喜多
▽本塁打 高田(浦)▽二塁打 木暮2、西川(浦)喜多、山田(敦)
saibi  決勝 2013年4月3日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
済美 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 2
浦和学院 0 0 0 0 7 2 0 8 x 17 18 0
【浦】小島-西川【済】安楽、山口、太田-金子
▽三塁打 竹村(浦)▽二塁打 藤原、盛田(済)西川2、高田、木暮、贄(浦)

 ※左の画像をクリックすると浦学公式HPの特集がご覧になれます(PDFファイル)

 凱旋後の主な出来事
凱旋、学校で優勝報告会 県庁、さいたま市役所訪問 写真展「初優勝の軌跡」
gaisen_001 201304262123 201304291300
2013年4月4日
学校にて優勝報告会・祝勝会
 2013年4月19日
彩の国功労賞、市長特別賞贈呈
2013年4月27日~5月6日
浦和コルソ3階特設会場で写真展
優勝旗校名ペナント贈呈 優勝報告会 区役所で写真展
201305081300 201305131900 201305251330
2013年5月8日
優勝旗の校名ペナント贈呈
 2013年5月12日
浦和ロイヤルパインズホテル
2013年5月16~22日・緑区役所
2013年5月23~30日・浦和区役所

 ※画像をクリックすると詳細がご覧になれます

 号外一覧
埼玉新聞 朝日新聞 毎日新聞
gougai_saitama_thumb gougai_asahi_thumb gougai_mainichi_thumb
産経新聞 東京新聞  
gougai_sankei_thumb gougai_tokyo_thumb  
 関連雑誌
輝け甲子園の星 報知高校野球 週刊ベースボール
2013senbatsuzasshi_001 2013senbatsuzasshi_002 2013senbatsuzasshi_003
2013年5月号
(日刊スポーツ出版社)
2013年5月号
(報知新聞社)
2013年5/9号
(ベースボール・マガジン社)
センバツ球児のフォーム連続写真 ベースボールクリニック  
2013senbatsuzasshi_004 2013senbatsuzasshi_005 上段3冊は選抜大会総集編
下段は森士監督インタビュー掲載
2013年5月2日発売
(ベースボール・マガジン社)
2013年6月号(5/17発売)
(ベースボール・マガジン社)
 
 喜びのコメント
背番号 氏名 位置 コメント
1 小島 和哉 夢みたい。先輩たちが打ってくれて楽に投げられた。
2 西川 元気 つなぎたかった。林崎先輩のような捕手になりたい。
3 木暮 騎士 初優勝でき森先生に恩返しができて素直にうれしい。
4 贄 隼斗 優勝という形で終われてうれしい気持ちでいっぱい。
5 高田 涼太 夏、ここに戻ってきたいと一番思う。
6 竹村 春樹 先制されても焦らなかった。甲子園で力を出せた。
7 服部 将光 いつもと少し雰囲気が違ったが、貢献できたと思う。
8 山根 佑太 初球から振っていこうと思った。夏に戻ってくる。
9 斎藤 良介 ここでできるのは当然じゃない。周りの人に感謝。
10 山口 瑠偉 少しでも貢献できてよかった。素晴らしい経験だった。
11 涌本 亮太 投げられなかった気持ちを夏にぶつけたい。
12 田畑 瑛仁 球場の雰囲気を忘れずに、経験を生かしたい。
13 伊藤 祐貴 うれしい気持ちはあるが、夏優勝するのが最終目標。
14 川井 俊希 うれしい。やってきたことは間違いではなかった。
15 久保 和輝 勝った瞬間、仲間にありがとうという思いだった。
16 渡邊 剛 実感がない。校歌を聞いて優勝したんだなと思った。
17 前田 優作 つらい練習を乗り越えて素晴らしい結果を残せた。
18 酒井 恭 試合に出ていないけど優勝の一員になれてうれしい。

 ※2013年4月4日付埼玉新聞より



[最終更新日]2014年09月17日

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る