試合速報はこちら

国民体育大会の戦績

大会概要
夏の甲子園上位校と国体開催地の代表校のみが出場する。10月中旬頃に開催される。公開競技のため都道府県の得点に加算されず、盛り上がりも今ひとつ。かつては引き分けの場合は9回で打ち切りとなり、抽選で勝敗を決めていたが、2013年秋の東京国体からタイブレーク方式を採用。延長10回以降は1死満塁から攻撃を開始し、勝敗を決める。雨天の場合は打ち切りとなることもある。

優勝1回

年度回数開催地成績1回戦準々決勝準決勝決勝
1986
昭和61
41山梨1回戦2-4
鹿児島商
(鹿児島)
   
2004
平成16
59埼玉1回戦3-8
熊本工
(熊本)
   
2018
平成30
73福井優勝
(4校共同)
4-3
報徳学園
(兵庫) 
打ち切り打ち切り
補足
※年度をクリックすると大会詳細をご覧になれます。
※2018年の第73回大会は降雨のため準決勝以降は打ち切り。浦和学院、大阪桐蔭、金足農、近江の4校が共同優勝。