試合速報はこちら

概要・方針



プロフィール

チーム名学校法人明星学園 浦和学院高等学校 硬式野球部
創 部1978年(昭和53年)
所在地埼玉県さいたま市緑区代山172
部 長田中 宏
監 督森 大
歴代監督粟野拓哉(79年~)・和田昭二(82年~)・野本喜一郎(84年~)・和田昭二(86年~)・森士(91年~21年夏)・森大(21年秋~)
部員数約80人
最高成績全国大会優勝(2013年春)

主な実績

1986年第68回全国高校野球選手権大会(ベスト4)
1992年第64回選抜高校野球大会(ベスト4)
2013年第85回選抜高校野球大会(優勝)
2014年第45回明治神宮野球大会(準優勝)
2015年第87回選抜高校野球大会(ベスト4)
2018年第73回国民体育大会(4校共同優勝)

目標「全国制覇」・目的「人間形成」

  浦学野球部は、全員野球をモットーに、真の野球人としての考え方を学び、一つの道に打ち込むことのたいせつさと最後まであきらめない難しさを知り、社会人として自立人間になることを目指す。

「勝つ」とは…

 「勝つ」とは落ちる一滴のしずくのようなものである。限りある高校生活を甲子園という一本の杖に託して、限りなく続く試練の道をひたすら歩まねばならない。これが青春であり、人生に続くものである。

甲子園出場回数県内最多、プロ選手も多数輩出

  球児の夢舞台である甲子園には、2013年夏現在、春9回、夏12回出場しており、春夏ともに県内最多の出場回数を誇っています。最高成績は、2013年春の全国優勝。春の優勝に続き、夏の全国制覇目指して日々練習に励んでいます。

  また、卒業後も野球を続ける選手が多く、出身高校別のプロ野球選手輩出数は全国トップクラス。社会人、大学野球でもたくさんの卒業生が活躍しています。

ユニフォーム

故野本監督の時代から受け継がれる伝統のユニフォーム

  文字の縁取りは故野本監督が率いた上尾高校のユニフォームを参考に作られました。偉大な先輩方も着たお馴染みのユニフォームで、公式戦では2010年秋季県大会で見納めとなり、一時は縦じまのユニフォームに変更されましたが、森大監督が就任したのを機に2021年秋季地区予選から再び採用されました。同年秋季県大会からは帽子のGの文字が金色に変更されました。

uniform_001

2021年夏まで約11年使われた日本代表仕様ユニフォーム

 森士監督がアジアAAA選手権日本代表(関東選抜)を率いた記念で作られました。主に練習試合で着用していましたが、2010年の春季関東大会で公式戦初お披露目となりました。森士監督の監督就任20年目を機に2010年秋季関東大会から正式ユニフォームに採用されましたが、森士監督が勇退する2021年夏の甲子園をもって見納めとなりました。

uniform_002