概要・方針

pagetitlelogo_003

プロフィール

チーム名 学校法人明星学園 浦和学院高等学校 硬式野球部
創 部 1978年(昭和53年)
所在地 埼玉県さいたま市緑区代山172
部 長 小島 代臣
監 督 森 士
歴代監督 粟野(79年~)・和田(82年~)・野本(84年~)・和田(86年~)・森(91年~)
部員数 約80人
最高成績 全国大会優勝(2013年春)

主な実績

1986年 第68回全国高校野球選手権大会(ベスト4)
1992年 第64回選抜高校野球大会(ベスト4)
2013年 第85回選抜高校野球大会(優勝)
2014年 第45回明治神宮野球大会(準優勝)
2015年 第87回選抜高校野球大会(ベスト4)

目標「全国制覇」・目的「人間形成」

  浦学野球部は、全員野球をモットーに、真の野球人としての考え方を学び、一つの道に打ち込むことのたいせつさと最後まであきらめない難しさを知り、社会人として自立人間になることを目指す。

「勝つ」とは…

 「勝つ」とは落ちる一滴のしずくのようなものである。限りある高校生活を甲子園という一本の杖に託して、限りなく続く試練の道をひたすら歩まねばならない。これが青春であり、人生に続くものである。

甲子園出場回数県内最多、プロ選手も多数輩出

  球児の夢舞台である甲子園には、2013年夏現在、春9回、夏12回出場しており、春夏ともに県内最多の出場回数を誇っています。最高成績は、2013年春の全国優勝。春の優勝に続き、夏の全国制覇目指して日々練習に励んでいます。

  また、卒業後も野球を続ける選手が多く、出身高校別のプロ野球選手輩出数は全国トップクラス。社会人、大学野球でもたくさんの卒業生が活躍しています。

ユニフォーム

故野本監督の時代から2010年まで受け継がれた伝統のユニフォーム

  文字の縁取りは故野本監督が率いた上尾高校のユニフォームを参考に作られました。偉大な先輩方も着たお馴染みのユニフォームですが公式戦では2010年秋季県大会で見納めとなりました。現在は練習試合等で使用されています。

uniform_001

現在の日本代表仕様ユニフォーム

 森監督がアジアAAA選手権日本代表(関東選抜)を率いた記念で作られました。主に練習試合で着用していましたが、2010年の春季関東大会で公式戦初お披露目となりました。森監督の監督就任20年目を機に2010年秋季関東大会から正式ユニフォームに採用されました。

uniform_002




次の試合予定

◇2019春季南部地区予選
日付:2019年 月 日( )
時間:第 試合(:)
球場:未定

浦和学院 vs 未定

応援ツイートは #uragaku

ぶっちゃけ、浦学や徳栄が甲子園決まった時は不祥事おこさねぇかなぁって思ってたけど、まさか共栄の時に起きるとは。。
他の学校もはたけばホコリがいっぱい出てくるだろうに。

文化放送の勇太朗のインタビュー聴きました📻
浦学の練習は厳しいと言っていたことが一番印象でした
練習が辛くて辞めようとした野球を仲間や監督の支えがあって続けて甲子園で輝いてこうしてプロ野球選手になれた✨
諦めなくてよかったね‼️
そして本当に素晴らしい仲間や監督に出会えたと思いました✨

慶応大のスポーツ推薦合格者(2019)

山本晃大 浦和学院 177cm70kg  右右 1年浪人して合格、抜群の身体能力

2017年浦和学院で5番センターだった山本選手が1浪で慶応に推薦合格。浦学から慶応は今までいなかったかな

慶応大のスポーツ推薦合格者(2019) | ドラフト会議ホームページ2019 Draft home page

...

www.draft-kaigi.jp

もっと読み込む...

 

アーカイブ