<野球びと高校球史90年>「いきなり4強、無名の浦学全国区に」

◇無名の浦学 全国区に

 稲の緑が広がる見沼田んぼや埼玉スタジアムの白い屋根――。その近くに、浦和学院(さいたま市緑区)はある。春と夏の甲子園に県内最多の15回出場し、2位の上尾(7回)を大きく引き離す。10人以上のプロ選手を輩出し、全国から有力選手が門をたたく。

 野球部のグラウンドの道を挟んだ向い側にゴルフ練習場がある。練習場には、野球部前監督の和田昭二(49)の姿があった。今はゴルフ部の顧問だ。

 和田は山口・岩国商から日体大に進んだ。卒業後の81年に浦和学院の体育教師となり、野球部の練習を手伝うようになった。

 浦和学院は78年創立の私立校だ。「特色ある学校作り」を掲げ、クラブ活動に力を入れて生徒を集めた。野球部もしかり。ただ、当時は1回戦を勝ち抜くのが精いっぱいだった。

 84年、上尾を春夏6回の甲子園に導いた野本喜一郎が監督に就くと、鈴木健(元西武など)ら有力選手が入学。状況は一変した。「3年で甲子園に連れて行く」。2年後の86年夏、野本は約束通り、浦和学院を甲子園に導いた。

 けれども、埼玉大会は病院のベッドでテレビ観戦となり、全国選手権大会の開幕を見届けた夜、息を引き取ったという。当時27歳の和田が監督代行として指揮を執った。ベンチには野本の遺影が置かれた。

 和田に気負いはなかった。「怖いもの知らずだった」。1回戦で大阪代表の泉州(現・飛翔(ひしょう)館)を10―3で下して勢いに乗り、ベスト4まで勝ち進んだ。だが、準決勝では松山商(愛媛)に3―14と完敗。6回に一挙10点を失った。

 「勢いが止まった時、全く手を打つことができなかった。経験不足だった」。野本と比べたマスコミに「あの監督では勝てない」とも言われた。

 「何としても来年は甲子園に帰る」と必死になった。翌87年、夏の甲子園に再び戻ってきた。だが、初戦でエース伊良部秀輝(元米大リーグ・ヤンキースなど)らの尽誠学園(香川)に2―5で敗れた。

 以後、甲子園には「あと一歩」届かないまま、4年後の91年に監督を退くことになった。やり残したことがあった。でも、子どもたちを甲子園に連れて行けない現実に、「仕方ない」とも思った。

 浦和学院の名は、今や全国に知れ渡る。「赴任してきたころは、タクシーも道を知らなかった。野球部の功績は、本当に大きい」と誇らしげに語る。

 今も夏の大会などの公式戦になると、球場に足を運ぶ。浦和学院は簡単に負けない粘り強いチームになったと感じる。

 浦和学院の夏の甲子園最高成績は初出場時のベスト4だ。和田は「レベルは確実に上がっている。県勢で一番最初に深紅の大優勝旗をつかむのは浦学だ」と信じている。(敬称略)

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

熱闘甲子園で、サンダーボルト打線?擁する聖光学院に横浜が挑む!みたいに言われてて、ほぼくじ運でベスト8上がった聖光に浦学育英広陵倒してきた横浜が挑むって言い方おもろいな、みたいな会話を父親としていた

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ