成長実感、次に生かす 浦和学院・石橋司中堅手(1年)

 九回に、相手右腕から二塁打を豪快に放つと笑顔でガッツポーズ。「4点差だけどあきらめたくなかった。フルスイングで絶対に打線をつなげたかった」

 今大会では、三塁打と2本の二塁打を決めた。左打者として苦手だった左投手を克服し、自信をつけたからだ。

 「左を打てないと勝てないぞ」と森監督に助言され、8月から練習を重ねた。「へその前ではなく、一歩前で」とボールをとらえる位置にこだわり、右肩の後ろから投げてもらうティーバッティングに力を入れた。

 成果を実感したのは関東大会準決勝の横浜戦。左投手から二塁打と三塁打を放ち、勝利に貢献した。「基礎体力と技術面でもうひと回り大きくなりたい」。着実な成長を実感し次を見据えた。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

晴天の下優勝して今シーズンを終わらせましょう。笑顔が見れれば寒い冬も越せるから。
#浦和学院

早稲田大…会 @YouTubeより
ウッチーありがと(^_^)
#早稲田大
#早稲田実業
#浦和学院
#野球解析
#トヨタ自動車
#千葉ロッテ
#カラオケスーさん

http://su-san.webnemu.net/

もっと読み込む...

 

アーカイブ