日本、初戦チェコ戦は雨のため中止 18U世界野球選手権

201208301415 201208301416 20120830131210
【写真中央】初戦のチェコ戦が雨で中止となり、軽めの調整をする日本代表(共同)
【写真右】雨のため試合開始を待つ日本代表。2列目右から5人目が佐藤拓也投手(MKスポーツ)

 第25回IBAF18U世界選手権(韓国・ソウル)第1日は30日、雨天のため中止となった。日本の初戦となるはずだったチェコ戦は、予備日の9月4日に実施される。高校日本代表は中止決定後、球場脇で約1時間の調整を行った。この日4番DHで出場予定だった最速160キロ右腕、花巻東(岩手)大谷翔平投手(3年)は「練習時間が少ないので、もう少し動きたいです」と苦笑いしながら、素振りなどで軽く汗を流した。日本チームの開幕戦は31日のカナダ戦となり、大谷が先発する予定だ。

(日刊スポーツ)




     拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ