第85回センバツ:選手見守る細田コーチ、指導は特性見極め

 第85回記念選抜高校野球大会に出場する浦和学院の選手たちに温かいまなざしを注ぐベテランコーチがいる。かつて県内屈指の強豪校として知られた県立上尾高校野球部のコーチを16年、監督を4年務めた細田幸夫さん(68)だ。上尾の投手だった森士(おさむ)・浦学監督が在籍時は、ヘッドコーチ。その縁で、3年前から浦学野球部を週1回のペースで指導している。

 「いい目つきになったな」。ノックを受ける選手たちに、細田さんが声を掛ける。「技術的に向上すると自信がついて目が生き生きしてくる。充実しているのが目でわかるんです」と言う。

 細田さんによると「指導者にとって大事なのは、その子の特性を見極めること」だ。浦学のコーチ陣にも選手の性格に応じて、その選手がどういう状態の時にどんな指導をすべきかをアドバイスすることもある。「マイナス面を指摘するよりも良いところを伸ばして、それができたら足りないところをフォローする」のが指導方針だ。

 「高校野球は、成長していくための『原点』。きちんとあいさつができて、感謝の気持ちを忘れない。グラウンドの外での行動がきちんとできなければ野球もできない」

 野球を通していろいろなことを学び、甲子園で思い切りプレーしてほしいと願っている。

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

今成(浦学)西武で引退させてあげたい。平尾さん臭するわ笑 #トライアウト #seibulions

金田一先生、ご紹介しましょう。こちら児童心理学の江川先生、そちらは先生の助手の加藤達子さん。江川先生、そのかたは有名な私立探偵の金田一耕助先生でいらっしゃいます (鏡が浦の殺人/一柳悦子)

11/11
大会合宿 2日目1試合目
🆚青学cools(B)
3-2 勝ち
打順を入れ替えて臨んだこの試合、最初にどよめきが起こったのが二回裏だった。4番に入った中島の空振り三振である。軟式球が潰れるとかいう話ではない。現役の圧巻の空振りであった。そしてこの試合チーム首位打者浦はまさかの3タコであった。

もっと読み込む...

 

アーカイブ