夢は咲く・浦和学院:第85回センバツ高校野球(3)

◇足生かしチームに貢献 久保和輝選手(2年)

kubokazuki.jpg

 野球を始めたのは小学2年の時。中学時代のポジションは捕手だったが、浦学入学後に外野手に転向した。当初は慣れない守備に戸惑ったものの、先輩たちのアドバイスを受けながら練習に打ち込んだ。「守備はまだまだですが、打球への対応の仕方が大分分かるようになってきた」

 50メートル6秒0の俊足を誇り、状況に応じた走塁も器用にこなす。「打てるバッターではないので、足を生かした選手になりたい」と意気込む。チームに貢献しようと、バントなど小技にも磨きをかける。「一戦一戦、集中して戦いたい」と気を引き締める。

◇得点圏の集中力は抜群 山根佑太選手(2年)

yamaneyuta.jpg

 昨秋の公式戦11試合で11安打を放ち、9打点を挙げた。得点圏に走者がいる時の集中力はチーム随一。長打力も兼ね備えている。

 広島市出身。小学6年の時、地元のソフトボールチームのエースとして全国大会に出場し優勝するなど、大舞台の経験も豊富だ。

 チームは関東大会3連覇を飾った。ただ、昨年のチームに比べて「まだまだ士気が低い」と感じている。だからこそ、センバツ出場が決まった直後、仲間にこう呼び掛けた。「出場のチャンスをもらっただけ。気を引き締めていこう」

 日本一への思いは、人一倍だ。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

さて、お膝下の埼玉県。
優勝候補の筆頭は、村田投手を擁する春日部共栄かな。
それを追うのが徳栄、浦学、浦実、山村学園、農大三高、昌平、武南、聖望、狭山ヶ丘、栄、西武台、立教新座の私立勢。公立勢は全くわかりません。上尾とか市立川越あたりが勝ち残るかな?あー、所商はどうなのかな。

夏終わるまでに農大三と市立川越、浦学、徳栄、共栄、浦実は絶対みたいけど見れるチームは多分2.3校なのかな〜そうなるともう市立川越は絶対外せない。

もっと読み込む...

 

アーカイブ