夢は咲く・浦和学院:第85回センバツ高校野球(3)

◇足生かしチームに貢献 久保和輝選手(2年)

kubokazuki.jpg

 野球を始めたのは小学2年の時。中学時代のポジションは捕手だったが、浦学入学後に外野手に転向した。当初は慣れない守備に戸惑ったものの、先輩たちのアドバイスを受けながら練習に打ち込んだ。「守備はまだまだですが、打球への対応の仕方が大分分かるようになってきた」

 50メートル6秒0の俊足を誇り、状況に応じた走塁も器用にこなす。「打てるバッターではないので、足を生かした選手になりたい」と意気込む。チームに貢献しようと、バントなど小技にも磨きをかける。「一戦一戦、集中して戦いたい」と気を引き締める。

◇得点圏の集中力は抜群 山根佑太選手(2年)

yamaneyuta.jpg

 昨秋の公式戦11試合で11安打を放ち、9打点を挙げた。得点圏に走者がいる時の集中力はチーム随一。長打力も兼ね備えている。

 広島市出身。小学6年の時、地元のソフトボールチームのエースとして全国大会に出場し優勝するなど、大舞台の経験も豊富だ。

 チームは関東大会3連覇を飾った。ただ、昨年のチームに比べて「まだまだ士気が低い」と感じている。だからこそ、センバツ出場が決まった直後、仲間にこう呼び掛けた。「出場のチャンスをもらっただけ。気を引き締めていこう」

 日本一への思いは、人一倍だ。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ