<浦和学院だより>本番へ精鋭18人発表 監督「束になって戦う」

201303140816.jpg
【写真】メンバーに選ばれ、森監督(左端)と握手を交わすエース小島ら=13日午後、浦和学院高校グラウンド(埼玉新聞)

 選抜大会開幕を9日後に控えたチームは13日午後、同校グラウンドで甲子園メンバー18人を発表した。

 メンバーは昨秋の明治神宮大会から2人が入れ替わった。昨秋同様、エースナンバーは新2年生左腕の小島和哉が付ける。左翼手の服部将光が背番号7に返り咲き、右腕山口瑠偉は18から10番に上がった。遊撃手の川井俊希と左翼手の前田優作が昨秋の地区大会以来のベンチ入りを果たした。

 ポジション別では、投手が5人、捕手が1人、内野手が6人、外野手が6人。学年別では新3年生が16人、新2年生が2人選ばれた。

 メンバー発表前には、森監督が「ウラガクは全員野球。一人一人が役割を果たし、束になって戦おう。勝つために必要な思いをチームにぶつけるように」と、ベンチ入りメンバーだけでなく選手全員に、語り掛けた。

 応援団長の池ノ上、スコアラーを務める木藤ら背番号をもらえなかった選手たちからエールを受け取った主将の山根は、「みんなの思いを背負って、責任を持ったプレーをしたい」と気持ちを入れ直していた。

◇予想通りの「1」も引き締める小島

 予想通り背番号1を獲得した小島。「素直にうれしいですが、山口さんも良くなってるので、負けないように頑張りたい」と浮かれることなく本番を迎える意気込みだ。

 帝京との練習試合では先発し、3回1失点。一回に2死一塁から内角を狙った直球が真ん中に入り先制三塁打を浴びた。

 甲子園では不用意な投球が致命傷になりかねないだけに「立ち上がりが肝心なのに、点を与えてしまった」と猛省。次の試合へ「最初のリズムが良ければ、リズムよくいける」と修正を誓った。

◇最終アピールで手にした夢舞台 川井と前田

 昨秋の地区大会以降、これまで悔しさをかみしめてきた川井と前田。練習試合での猛アピールが功を奏し、甲子園メンバーの座を勝ち取った。

 164センチの川井は遊撃でスタメン出場すると、セーフティーバントやダイビングキャッチなど、一球に食らい付く打撃と守備を披露。右の強打者の前田は途中で打ち切りとなった試合も合わせ、3安打と持ち味を遺憾なく発揮した。

 2人ともメンバー外の気持ちが痛いほど分かるだけに「応援してくれる人の分まで頑張ってチームに貢献したい」と声をそろえ、目を輝かせた。

◇甲子園メンバー

①小島和哉 2年 投 手
②西川元気 3年 捕 手
③木暮騎士 3年 一塁手
④贄 隼斗 3年 二塁手
⑤高田涼太 3年 三塁手
⑥竹村春樹 3年 遊撃手
⑦服部将光 3年 左翼手
⑧山根佑太 3年 中堅手◎主将
⑨斎藤良介 3年 右翼手
⑩山口瑠偉 3年 投 手
⑪涌本亮太 3年 投 手
⑫野村亮太 3年 投 手
⑬伊藤祐貴 3年 投 手
⑭川井俊希 3年 遊撃手
⑮久保和輝 3年 中堅手
⑯渡邊 剛 3年 右翼手
⑰前田優作 3年 左翼手
⑱酒井 恭 2年 遊撃手

※左から背番号、氏名、新学年、位置

※その後、メンバーの変更がありました。12番野村亮太(3年・投手)に代わり、田畑瑛仁(2年・捕手)が入ります。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ