<浦和学院だより>狙う2年連続8強 きょう山形中央戦

201303290700.jpg
【写真】森監督(左)から指導を受ける浦和学院の選手たち=28日午後、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場(埼玉新聞)

 浦和学院は29日、2年連続のベスト8入りを懸けて「東北絆枠」の山形中央と3回戦を争う(11時30分)。チームは前日の28日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場などで約3時間調整した。

 シートノックで基本を確認した後のシート打撃ではエース小島が控え組相手に投じ、レギュラー組が守備位置に付いた。続いて攻守を入れ替え、スタメン陣がカウント1-1から山形中央を想定し右、左それぞれの投手と対戦した。森監督は、踏み込んで中堅にはじき返すことと、カウントに応じた打撃や走塁を攻撃側に求めていた。最後はフリー打撃、バント練習で締めくくった。

 森監督にとっても、自身の甲子園20勝が懸かる一戦になるが「そういう意識は全くない。勝つことを求めながら、真剣勝負を楽しめるか。それに集中するだけ。目の前のことを全力でやる」と力を込め、いつも通りの自然体で臨む構えだ。

◇エースの小島、自信たっぷり

 小雨が降る中、シート打撃で控え組相手に登板したエース小島は「調整は順調ですよ」と自信たっぷりの顔つきだった。

 山形中央の印象については「バントとかで揺さぶってくるので、しっかり対応したい。コースを突いて打たせて取れればいい」と青写真を描く。

 2年生ながら初戦は甲子園初先発で初完封と周囲をうならせたが、決しておごらない。「(初戦で)経験した分、テンポよくリズムよく、初回から全力で飛ばしていく」。再び快投を見せてくれそうな立ち振る舞いだ。

◇初のスタメンへ渡邊が気合十分

201303290701.jpg
【写真】打撃練習で快音を響かせる渡邊(右)(埼玉新聞)

 右翼手渡邊がシート打撃でレギュラー組に交じり、甲子園初出場で初スタメンの可能性が高まってきた。

 昨春、夏の甲子園と投手としてメンバー入りしたが登板機会はなく、この春は大会前から持ち味の打撃を生かすために、外野手に専念している。

 そして巡ってきそうなチャンス。「緊張すると思うけど、やってきたことを一生懸命やるだけ。自分の頭の中で投手の軌道を描いて、狙った球を一発で仕留める。必ずチームに貢献します」。悔しさをぶつける時だ。

◇攻守でミス禁物

 山形中央は、そう簡単に倒せる相手ではない。

 27日の岩国商との試合をナインらは実際に観戦した。森監督は「絆枠にふさわしい、まとまりのあるチーム。特長のある選手がそれぞれの味を出し、隙のない高校野球らしいチーム」と評する。

 岩国商に毎回安打となる13安打を浴びながらも3人の継投で2失点に抑えた粘りや、今大会限定の「東北絆枠」ということで特別な思いもあるだろう。そして何よりも、甲子園初勝利から中1日と波に乗っている。

 実力で上回る浦和学院は、その勢いをまともに受けてしまうと危険だ。

 特に攻撃ではセーフティーバントや重盗など、積極的に足を絡めて崩してくる。二塁手贄は「基本に忠実に、一つずつアウトを取りたい」と肝に銘じ、遊撃手竹村も「落ち着いて対応し、ミスをなくす」と、初戦同様に投手を堅守でもり立て、攻撃にリズムをもたらすつもりでいる。

 打線にはバントミスが多かった初戦の反省を生かし、確実性が求められる。その上で、主将の山根は「自分たちから仕掛けて、瞬間瞬間のチャンスをつかみ取る」。ここから決勝までは6日間で4試合と総力戦。まずは浦和学院らしい全員野球で2年連続のベスト8を手繰り寄せる。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

2004年U18

鈴木康仁駒牧
福井優也済美
小椋健太中京
涌井秀章横浜
ダルビッシュ東北
浅香明生日三
岩見優輝熊本

糸屋義典駒牧
梅田大喜明徳

佐藤俊司横浜
石川雄洋横浜
神戸宏基PL
松島侑也日三
佐々木大輔日三
小山琢也浦学

鵜久森淳志済美
甘井謙吾済美
大沼尚平東北

2001U18

村上尚史常総
畠山太横浜
松崎伸吾光星
秦裕二智弁
佐々木康太習志
真田裕貴姫路工
大竹寛浦学

石丸大志松山
山城尚悟宜野
上田祐介常総

松浦大輔明徳
都築克幸日大三
小林一也常総
弓達央和松山商
森岡良介明徳

内田和也日大三
原島正光日大三
井手正太郎日南

もっと読み込む...

 

アーカイブ