夏のマウンドへ信頼感 浦和学院・山口瑠偉投手(3年)

 最終回、先頭打者に四球で出塁を許し、森士監督から交代を問う伝令が送られた。伝令役のチームメートに返した言葉は「代わらないよ」。最後までマウンドを譲らず、併殺と飛球に抑えた。高校野球の公式戦で初めて完封した。

 昨秋の県大会決勝で同じ花咲徳栄相手に先発。初回に4点を奪われ、その回途中で降板した。チームは2?8で敗退。「負けさせてしまった」と責任を感じていた。だからこそ、この日は雪辱を期していた。「一番良かったのは立ち上がり。しっかり抑えられた」と振り返る。

 今春のセンバツで活躍した2年生エースの小島和哉投手に負けじと、今大会では5試合中4試合で先発し、チームを優勝に導いた。森監督は「夏に投げられる投手がもう一人できた」と手応えを語る。

 「春は通り道。接戦で抑えられる投手になって信頼をつかみたい」。夏のマウンドも後輩に譲るつもりはない。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ