元埼玉西武の石井義人氏、武蔵HBコーチ就任 希代の打撃、後進に

◇「熊谷の新球団を強く」

 埼玉で生まれ育った“打撃の天才”が指導者として第二の人生をスタートさせる。プロ野球埼玉西武など3球団で活躍し、昨秋をもって18年の現役生活に区切りを付けた石井義人氏(36)。今季からプロ野球独立リーグ・BCリーグに参戦する武蔵ヒートベアーズ(熊谷市)の打撃コーチに就任し、「地元の新球団を強くしたい」と燃えている。

◇教える楽しさ

 川口市出身で1996年、浦和学院高校の主砲として春夏連続で甲子園に出場した。巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける打撃が最大の特長。通算打率2割9分の数字以上に勝負強いバッティングが印象的だ。巨人に移籍した2012年には中日とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、九回裏1死満塁の好機に代打出場。サヨナラ打を放ち、同シリーズのMVPに選ばれた。

 華々しいプロとしてのキャリアも、終盤に差し掛かると2軍暮らしが長くなった。若手から助言を求められることも増えた。技術を伝えた選手の活躍が自分のことのようにうれしかった。「教える楽しさを知ってしまった」。厳しい競争の世界で感じたことのなかった心境だった。

◇指導者の道へ

 現役引退を発表した昨年10月に武蔵ヒートベアーズから誘いを受けた。当初は選手兼コーチというプランも提示されたが、「コーチの仕事は初めて。教える方がおろそかになってしまってはチームに申し訳ない」と、指導者一本で勝負することにこだわった。

 結果がものをいうプロの世界に身を置くか、球団が仲介する安定した職業を選ぶか、人生の岐路に立って悩んでいたとき、「野球界にいればいい」と背中を押してくれたのは巨人の原辰徳監督だった。球団スタッフとしてチームに残ることを勧める同僚たちの声も多かったが、指導者になるという決意は固かった。

◇地元埼玉の縁

 「卒業生の中で3本の指に入る打者。一番の努力家」とは母校・浦和学院高校の森士監督。「長年プレーヤーとして学んできたものをプロを志す人に伝えてもらえたら」と期待を込める。同級生として共に甲子園で戦い、埼玉西武でもチームメートだった同高の三浦貴コーチも「昔の仲間が同じ埼玉で指導者になるのは感慨深い。お互いに切磋琢磨(せっさたくま)していいチームをつくりたい」と旧友にエールを送る。

 石井氏は「埼玉で指導者をするのは何かの縁。サッカー人気も高いが、野球に少しでも貢献できれば。自分自身成長しながら今までの経験を伝え、将来的にはNPBの指導者になりたい」と夢を語る。尽きることのない野球への情熱が、新たな人生の一歩を踏み出す原動力となる。

■BCリーグ

 野球を通した地域活性・貢献を掲げる独立リーグ。群馬、新潟、長野、富山、石川、福井の6球団に、2015年シーズンから新規参入する埼玉、福島の2球団を加えた8球団が各県でリーグ戦を行う。近年はNPB(日本プロ野球機構)を目指す若者の受け皿にもなっている。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

藤桐祭の時の
浦学共栄戦楽しかったねー

高校野球の
応援ダンスが面白すぎるwwwwww

#浦和学院 #甲子園 #高校野球 #応援 #ナイスキャラ

#名刺代わりの小説10選
悲しみよこんにちは/サガン
家守綺譚/梨木香歩
風が強く吹いている/三浦しをん
とっぴんぱらりの風太郎/万城目学
宵山万華鏡/森見登美彦
風に舞いあがるビニールシート/森絵都
チルドレン/伊坂幸太郎
バッテリー/あさのあつこ
蜜蜂と遠雷/恩田陸
神様のボート/江國香織

そして二十数年前の浦学野球部は武蔵野線乗っててクッソ態度悪い奴ばっかだったのでいまだ甲子園埼玉代表になると応援出来ない。

今日の収穫:手塚富雄訳『ゲオルゲ詩集』(岩波文庫)、つげ義春『つげ義春とぼく』、三木清『読書と人生』(以上新潮文庫)、庄司薫『さよなら怪傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか歌えない』『狼なんかこわくない』(以上中公文庫)、滝浦静雄『時間』、木田元『現象学』、斎藤忍随『プラトン』→

もっと読み込む...

 

アーカイブ