浦和学院、古タイヤとミットを利用

 重さ7キロを超える古タイヤを、さまざまな練習で利用する。腰に巻いたロープに着けて行う塁間ダッシュやノック。肩に担いだり、両腕で前に抱え、股関節を柔らかくしたり、強化するための負荷に。これは、四国遠征したときに済美(愛媛)の上甲正典監督(14年死去)が行っていたトレーニングを、森士監督(50)が参考にして採り入れた。「ノックでは、低い姿勢でスタートしなければ一歩目で体が浮いてしまうので」と津田主将が目的と効果を説明。左右の動きにも強くなる。

 また、直径20センチ、皮で作られた丸型ミットをつけ、トス打撃の打球を受けるメニューもある。打球の正面に入り、ひじを90度にたたんで吸収するように面に当てて前に落とす。グラブだと少々外してもどこかに引っかかったりして捕球できるが、ミットだとそれができない。「球際の強さにもつながる」と三浦貴コーチ(36)。

(報知高校野球 2015年3月号)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

おはようございます☺️
6月1日より分散登校ではありますが、ようやく学校が再開されます‼️みなさんに会えるのを本当に本当に楽しみにしていました‼️
本日は第3学年の始業式です✨
久しぶりの通学路、天気もあまりよくありませんので特に自転車通学者は気をつけて登校してきてください🚲️
#浦学
#始業式

こちらは強化部活の一つである男子ハンドボール部の試合の様子です😄接近戦で迫力満点😳‼️黄色いユニフォームがかっこいい✨
現在、感染症拡大防止のため活動を自粛中ですので、練習再会の日が待ち遠しいです😢
#浦学
#ハンドボール部
https://youtu.be/i7ba2X1AHvA

入学式の時授業ノート持っていきますか?
浦学の子は出来るだけ答えてほしいです😥

もっと読み込む...

 

アーカイブ