<浦和学院だより>聖地へ挑む18人発表 昨秋の主力は順当に

 選抜大会開幕を10日後に控えたチームは11日午後、同校グラウンドで甲子園メンバー18人を発表した。

 メンバーは昨秋の主力が順当に選出され、明治神宮大会から3人が入れ替わった。水岡は地区、新谷は県大会以来となるメンバー入り。中堅手の渡辺が18番で初のベンチ入りを果たした。投手陣は江口が背番号1、小倉が10、今村が11、榊原が17となった。ポジション別では投手が4人、捕手が3人、内野手が6人、外野手が5人。学年別では新3年生が13人、新2年生が5人選ばれた。

 メンバー発表では森監督がベンチ入り18人の名前を呼び、一人一人と握手を交わした。森監督は「背負ったものを感じてやり尽くしてほしい。みんなで一生懸命戦って勝ちたい」と鼓舞。主将の津田も「メンバーから外れたやつの思いも絶対無駄にしない。冬を乗り越えた全員の力で全国制覇する」とチーム一丸で戦う姿勢を強調した。

 チームは12日、同校グラウンドで帝京(東京)と練習試合を実施する。

◇恩返し誓う右腕「直球で攻める」榊原

 期待の右腕がメンバーに名を連ねた。伸びのある直球が持ち味の榊原。明治神宮大会でベンチ入りしたものの、公式戦での登板機会はなかった。昨夏はけがに苦しんだ右腕は「今までチームに迷惑を掛けた。恩返しがしたい」と目を輝かせる。

 沖縄合宿での練習試合では浦添商、沖縄尚学、広島国際を相手に「自分の力を発揮することができた」と計7回を投げて1失点。「応援してくれる方々の思いに感謝の気持ちを忘れず、ストレートで攻めたい」と夢舞台での飛躍を誓った。

◇沖縄で結果残し初のベンチ入り 渡辺

 最後に名前を呼ばれ、初のベンチ入りを果たした渡辺は「気持ちを見せてチームの歯車になりたい」と意欲的。発表の瞬間も「甲子園が始まるということで頭がいっぱいだった」と自身の去就は二の次だったようだ。

 沖縄合宿では得点圏で打席に立つ機会が多く、12打数5安打と結果を残して猛アピール。初めて見るメンバー側からの景色に「(メンバー外の)悔しがる顔が見えた。自分には気持ちがよく分かる。その分まで頑張らなければ」と仲間の思いを力に変えるつもりだ。

 甲子園メンバー
主将 背番号 選手名 新学年 位 置
  1 江口 奨理 3 投 手
  2 西野 真也 3 捕 手
  3 山崎 滉太 3 一塁手
  4 臺 浩卓 3 二塁手
  5 諏訪 賢吉 2 三塁手
6 津田 翔希 3 遊撃手
  7 荒木 裕也 3 左翼手
  8 幸喜 勇諮 2 中堅手
  9 高橋 司 3 右翼手
  10 小倉 匡祐 3 投 手
  11 今村 一登 2 投 手
  12 氏丸 直岐 3 捕 手
  13 梶山 直暉 2 捕 手
  14 小沢 和也 2 二塁手
  15 新谷 剛樹 3 右翼手
  16 水岡 拓巳 3 遊撃手
  17 榊原 翼 2 投 手
  18 渡辺 亮太 3 中堅手

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

PERFECT WORLDに関しては今のところ何もアナウンスは無し?
5/6までSSAも休業だし、浦ラジや虹学のおはよう放送室の収録すら見送られ…

開催を期待できる要素が見当たらない😖

もっと読み込む...

 

アーカイブ