記事の詳細

◇センバツ’15・栄光を再び

201503211400 強さの秘密は食にあり−−。第87回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)に出場する浦和学院高校(さいたま市緑区)。野球部専用の食堂では、市内の料亭に勤務経験のある調理師の金子誠さん(41)=同市=が料理の腕をふるっている。選手たちのパワーの源を担う金子さんは「厳しい練習に耐えられる体づくりに役立てば」と奮闘している。

 グラウンド横にある食堂。午後7時半、練習を終えた選手たちが続々と集まってきた。この日のメニューは豚のショウガ焼き、ブロッコリーとササミのバター炒め、豚汁など。練習中は真剣な表情だった選手たちも、この時ばかりはリラックスし、山盛りのご飯をかっこむ。

 体重アップに取り組んでいるエースの江口奨理投手(3年)は「おいしいから食が進む。何より、みんなと食卓を囲めるのが楽しい」と話す。

201503211401 金子さんは2013年、20年近く勤めた料亭が閉店したため、懇意にしていた同校野球部のスタッフに誘われ、同年9月から同部専用食堂の料理長に就任した。森士監督からは「練習が厳しいので、食事の時だけは楽しめるようなメニューにしてほしい」と要請があったという。

 食事もトレーニングの一環。体格にもよるが選手は1日で計約2500~4000キロカロリーを摂取する。日々の厳しい練習に耐えながら、体を大きくしていくにはどうしても必要な量だ。

 管理栄養士が作成したメニューを参考にしながら、高校生が食べやすいよう濃いめの味にするなど工夫を凝らす。一方で苦心もする。「まだ高校生。野菜が嫌いな子もいるので、毎回思案します」

 調理の手が空けば、食堂から選手たちの練習の様子を日々眺めている。「自分のつくった料理を食べて活躍している姿を見るのは何よりうれしい」とやりがいを感じている。

(毎日新聞埼玉版)

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る