記事の詳細

 昨秋、今春の県大会を制し、春季関東大会では王者となった。4年ぶりの夏の王座奪還へ経験は十分。森監督は「夏に勝たないと意味はない。最上級生が特別な思いを持って臨んでくれている」と期待を込めた。

 春季大会を通じて投手力は十分な底上げを図れた。軸は同関東大会ではリリーフで11回1/3を投げ、自責点0だった左腕佐野。他にも安定感が光る左腕清水、春季関東大会で経験を重ねた近野、渡邉の両右腕も一回り成長した。守備も遊撃手森川、二塁手家盛らセンター線が堅実だ。

 打線はつなぐ意識を徹底。春季県大会で打率5割を上回った山本に好機で回したい。4番に座る蛭間は左の好打者。リードオフマン矢野が出塁し好機を築きたい。下位を打つ森川は粘り強く四球を選び上位につなぐ。

予想オーダー

選手名 位置
矢野
2 杉山
家盛
蛭間
山本
6 秋山
本田
佐野
森川

※丸数字は左打者

今年度の戦績

 春季地区大会
1回戦 8-1(7C) 浦和北
代表決定戦 10-0(5C) 市立川口
 春季県大会
2回戦 5-4 聖望学園
3回戦 4-0 本庄東
準々決勝 5-0 草加西
準決勝 4-1 市立川越
決勝 7-6 花咲徳栄
 春季関東大会
2回戦 2-0 横浜
準々決勝 2-0 前橋育英
準決勝 6-4 日大三
決勝 3-2 東海大相模

(埼玉新聞)

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る