早大が練習納め 小島主将はプロ入り目標も「一番は日本一」

 東京六大学野球リーグの早大が22日、西東京市内の同大グラウンドで年内最後の全体練習を行った。今秋は70年ぶりの最下位(東大と同率)と低迷。新主将に就任した来秋ドラフト候補左腕の小島和哉投手(3年・浦和学院)は「ワセダがこのままじゃいけない、と皆さんに強く言われた」と危機感をにじませた。

 新チームでは、掃除や整理整頓など、日常生活を一から見直すことを確認。主力ら34選手は23日から5日間の強化練習に臨む。高橋広監督も「弱いチームは練習するしかない。全体のレベルアップをしないと」と例年はなかったハードワークを課した。

 防御率0点台、シーズン5勝などの数字とともに、プロ入りも最終学年の自身の目標に掲げた小島だが「一番は春の日本一になること。日本一になれば勝ちもつく。自分のことよりチームのことです」と強調。1年時以来となる全日本大学選手権制覇でV字回復を遂げることを誓った。

(デイリースポーツ)

早大、練習納めで新主将のエース・小島「変わるきっかけをつかんでいる最中です」

 東京六大学リーグの早大が22日、東京・西東京市の安部球場で年内の全体練習を納めた。

 今秋は3勝8敗の勝ち点1。東大と勝ち点、勝率ともに並んで両校が5位となり、早大にとっては、1947年秋以来70年ぶりの最下位と屈辱のシーズンだった。

 投手としては、斎藤佑樹(現日本ハム)以来の主将に就任した小島和哉投手(3年=浦和学院)は「OBの方たちからもお話をいただいて、早稲田がこのままじゃいけないと強く言われました。ビリを日本一にするのは難しいけど、変わるきっかけをつかんでいる最中です」と話した。

(スポーツ報知)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

わたなべくうやの質問箱です
最近回答した質問 → 「わたなべくうやにとって、浦学とは」

peing

わたなべくうやの質問箱です

何でも質問してください

peing.net

九州選抜 男子ダブルス✨

優勝 小川・樋口 日章 第1代表

準優勝 野田・浦 八代東 第2代表

3位 池端・嶽本 学附 第3・4代表

3位 中島・杉本 瓊浦 第3・4代表

浦学受ける人~!受験日みんないつ?

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ