浦学、川口市立にコールド勝ちで8強進出 春季県大会

 (28日・上尾市民ほか)

 第5日は3回戦8試合を行い、24年ぶりの準々決勝進出を決めた狭山ヶ丘をはじめ、花咲徳栄、山村国際、ふじみ野、山村学園、埼玉栄、浦和学院、市川越がそれぞれ勝って、8強入りした。

 ノーシードの狭山ヶ丘が村田の2打席連続本塁打などでBシード上尾に6-3で打ち勝った。山村学園は4-3で聖望学園の追い上げを振り切った。花咲徳栄、市川越、浦和学院、埼玉栄は、ともに五回コールド勝ち。山村国際は栄北に7-6で逆転勝ちし、初の8強に名乗りを上げた。ふじみ野は朝霞に11-9で競り勝った。

 休養日を挟み、第6日は30日、県営大宮と上尾市民で準々決勝4試合を行う。花咲徳栄-山村国際、ふじみ野-狭山ヶ丘、山村学園-埼玉栄、浦和学院-市川越のカードで争われる。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会3回戦 4月28日(上尾市民球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
浦和学院 0 4 8 0 1         13 10 0
川口市立 0 0 1 0 1         2 5 0
【浦】 河北、美又、下薗ー畑
【川】 中島、亀谷、渡部駿-遠藤
河北(浦)
矢野(浦)
阿部(浦)櫻田(川)
 浦学スタメン
打順 位置 氏名 学年
1 中前 2年
2 矢野 3年
3 上野 3年
4 2年
5 蛭間 3年
6 小町 3年
7 荒木 3年
8 河北 3年
9 阿部 3年
     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ