プロ注目早大・小島が完投、現役トップ通算17勝目

 早大のプロ注目左腕、小島和哉投手(4年=浦和学院)が1失点で完投し、現役トップの通算17勝目(今季3勝)を挙げた。

 19日の1回戦は、完封目前の9回にソロ本塁打を浴びたが、150球を投げ完投勝ち。中1日となったこの日は131球を投げて被安打4の1失点。1点差ながら、危なげない完投勝利だった。

 見守った高橋広監督(63)は「小島が1、3戦目に勝ってくれた。これでエースといえる。今日は小島に尽きます」。早大の投手が同一カード1、3戦目に勝利するのは14年春の有原航平投手(現日本ハム)以来のこと。

 当人は「監督からはいつも言われていました。よかったです」と振り返っていた。

(日刊スポーツ)

早大、法大下し勝ち点2 小島、中1日で完投し現役単独トップ17勝

 エース・小島和哉投手(4年、浦和学院)が4安打1失点完投と粘って法大を下し、勝ち点を2とした。法大・菅野と並んでリーグ通算16勝だった小島は通算17勝とし、現役単独トップに立った。 

 1回戦で150球を完投し、中1日で再び完投。「1、3回戦を勝つのがエースとずっと言われていた。頑張れて良かった」と振り返った。

 早慶戦までに慶大の優勝が決まっている可能性もあるが「早慶戦の勝ち点を目標に掲げているので、頑張りたい」と力を込めた。

(スポニチ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ