温泉・プールで疲労回復 浦学「精神的にもリラックス」

プールトレーニングを終え、水着などが入った袋を持って施設を出る浦和学院の選手たち=兵庫県伊丹市鴻池1丁目

 甲子園入りしてすでに1週間。浦和学院が温泉とプールで選手の疲労回復や体調管理に努めている。

 温泉は、レギュラーメンバーを中心に学校近くの施設に通う習慣があり、南埼玉大会中も連日通った。甲子園でも練習後、宿舎に近いいくつかの温泉施設に交互に通う。宿舎はユニットバスで、生活環境も普段とは違う。森士監督(54)は、温泉が「風邪の予防につながる」と説明。露天風呂や炭酸泉に20分ほどつかった中前祐也選手(2年)は「肉体的にも精神的にもリラックスできる」。

 6日、選手らは甲子園入り後初のプールトレーニングに臨んだ。稲村忠明トレーナー(53)は「乳酸が抜け、疲れが取れる。全身を動かすので、肩や股関節の可動域が広がる」と効果を話す。選手らは持って来た水着や水泳帽、ゴーグルを身につけ約1時間、水中を歩いたり、ビート板を使って泳いだりした。佐野涼弥選手(3年)は「投球とクロールの動きが似ている」。小町竜梧選手(3年)は「泳ぎすぎなければ、体が休まる感じがしていい」と話した。

浦和学院、甲子園ベンチ入りメンバー紹介

(朝日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

おれが初めて高校ハンドボール見たときが、浦学と川東の決勝で今年の新人戦はその懐かしい組み合わせだー

今負けても最後に勝てばいいから、
浦実頑張れい

ENAの質問箱です
最近回答した質問 → 「浦学の先輩からの乗り換えの早さにうちらは感心してます。...」

peing

ENAの質問箱です

何でも質問してください

peing.net

花徳も境も浦学も全然安全圏だって余計勉強しなくなりそう

もっと読み込む...

 

アーカイブ