勝つためにできることを 浦和学院・記録員、梅村剛さん

畑敦巳捕手(右)に捕手の動き方をアドバイスする梅村剛さん=兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンターで

 夏の甲子園に出場する浦和学院(南埼玉)の梅村剛さん(3年)は、12日の初戦の仙台育英(宮城)戦で記録員としてベンチに入る予定だ。けがなどもありレギュラーになれなかったが、二塁手と遊撃手以外ならどこでも守れる経験を生かし、選手にアドバイスするなどチームを支える。

 兵庫県伊丹市内の練習場で9日、打撃練習で捕手を務めた梅村さんの顔にファウルボールが直撃すると、「うめ、頑張れ!」とチームメートが励ました。

 元々は投手で、昨秋から記録員も務めるようになった。今年の春の県大会後、森士監督から「記録員をやるために(浦和学院に)来たんじゃないだろう」と言われ、練習を続けた。投手層が厚く、背番号をもらうのは厳しかったが諦めなかった。

 ところが5月下旬、試合で3回を投げたところで腹の辺りから「ぶちっ」と音がした。左脇腹軟骨の損傷と診断され、試合での投球は難しくなった。「チームが勝つためにできることを全てやろう」。気持ちを切り替えて、記録員として支える道を選んだ。

 9日の練習では、畑敦巳捕手(2年)にサインの出し方をアドバイスした。「サインを出す動きに不器用なところがあるから」。勝利のため、自分の経験を全て伝える。「仙台育英は5年前に負けた相手。対戦が楽しみで仕方ない。得意の大きな声を出して選手を支えたい」

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

藤桐祭の時の
浦学共栄戦楽しかったねー

高校野球の
応援ダンスが面白すぎるwwwwww

#浦和学院 #甲子園 #高校野球 #応援 #ナイスキャラ

#名刺代わりの小説10選
悲しみよこんにちは/サガン
家守綺譚/梨木香歩
風が強く吹いている/三浦しをん
とっぴんぱらりの風太郎/万城目学
宵山万華鏡/森見登美彦
風に舞いあがるビニールシート/森絵都
チルドレン/伊坂幸太郎
バッテリー/あさのあつこ
蜜蜂と遠雷/恩田陸
神様のボート/江國香織

そして二十数年前の浦学野球部は武蔵野線乗っててクッソ態度悪い奴ばっかだったのでいまだ甲子園埼玉代表になると応援出来ない。

今日の収穫:手塚富雄訳『ゲオルゲ詩集』(岩波文庫)、つげ義春『つげ義春とぼく』、三木清『読書と人生』(以上新潮文庫)、庄司薫『さよなら怪傑黒頭巾』『白鳥の歌なんか歌えない』『狼なんかこわくない』(以上中公文庫)、滝浦静雄『時間』、木田元『現象学』、斎藤忍随『プラトン』→

もっと読み込む...

 

アーカイブ