浦和学院・蛭間拓哉らが早大の練習に合流

練習に合流した大阪桐蔭・中川(右)と浦和学院・蛭間(左)

 東京六大学リーグ・早大のアスリート選抜入試に合格した仙台育英・田中星流投手、日大豊山・名倉侑田、大阪桐蔭・中川卓也内野手、浦和学院・蛭間拓哉外野手の4選手が5日、東京・東伏見の早大安部球場で行われた練習に初参加した。

 午前8時から行われた練習ではランニング、キャッチボール、シートノック、打撃練習などで約3時間、汗を流した。甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭、U―18日本代表で主将を務め、シートノックでは二塁のポジションに入った中川は「レベルが高くて不安も半分あるけど、ここでやっていくぞという気持ち。(セカンドを希望したのは)高校が終わってからはセカンドを練習してきたし、内野で一番難しいと思っているから」と語った。

 昨夏の甲子園2回戦で、蛭間がいた浦和学院に敗れた田中は「蛭間には打たれて悔しい部分もあるけど、同じチームになるのは楽しみ。信頼できるバッターだし、全力で投げて蛭間が打ってくれれば。日本一になるときに、マウンドに立っていられるような投手になりたい」と話していた。

(スポーツ報知)

早大に「タクヤ・コンビ」中川と蛭間は根尾ら刺激

 東京6大学リーグの早大に将来が楽しみな“タクヤ・コンビ”が誕生した。

 スポーツ推薦で入部する新1年生4人が5日、東京・東伏見のグラウンドで初めて練習参加。新4年生たちに混じり、大阪桐蔭・中川卓也内野手、浦和学院・蛭間拓哉外野手の姿もあった。まだ真っ白な練習着に名字を大書。午前8時から3時間、きびきび動いた。昨秋のU18日本代表で主将を務めた中川と、副将の蛭間。気心知れるタクヤ2人は、いずれもプロを目指している。

 中川 4年間、小宮山監督に付いていって、日本一、プロを目指したい。

 蛭間 4年間、早稲田で勉強を含めしっかりやって、一流のプロ野球選手になれるよう頑張りたい。

 高校からプロ入りした同期が刺激だ。浦和学院からは渡辺が西武入り。蛭間が「正直うらやましい。渡辺を超えられるように」と言えば、根尾、藤原、柿木、横川と4人がプロに入った大阪桐蔭の中川も「自分も超えられるように」と声をそろえた。高校では一塁、三塁が主だったが、「一番難しいポジション。守備の幅が広がる」と、大学では二塁に挑む。小宮山監督は「4年後を見据えての4年間。彼らの想像を超えるところまで引き揚げたい」と後押しする。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ