浦和学院・蛭間拓哉らが早大の練習に合流

練習に合流した大阪桐蔭・中川(右)と浦和学院・蛭間(左)

 東京六大学リーグ・早大のアスリート選抜入試に合格した仙台育英・田中星流投手、日大豊山・名倉侑田、大阪桐蔭・中川卓也内野手、浦和学院・蛭間拓哉外野手の4選手が5日、東京・東伏見の早大安部球場で行われた練習に初参加した。

 午前8時から行われた練習ではランニング、キャッチボール、シートノック、打撃練習などで約3時間、汗を流した。甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭、U―18日本代表で主将を務め、シートノックでは二塁のポジションに入った中川は「レベルが高くて不安も半分あるけど、ここでやっていくぞという気持ち。(セカンドを希望したのは)高校が終わってからはセカンドを練習してきたし、内野で一番難しいと思っているから」と語った。

 昨夏の甲子園2回戦で、蛭間がいた浦和学院に敗れた田中は「蛭間には打たれて悔しい部分もあるけど、同じチームになるのは楽しみ。信頼できるバッターだし、全力で投げて蛭間が打ってくれれば。日本一になるときに、マウンドに立っていられるような投手になりたい」と話していた。

(スポーツ報知)

早大に「タクヤ・コンビ」中川と蛭間は根尾ら刺激

 東京6大学リーグの早大に将来が楽しみな“タクヤ・コンビ”が誕生した。

 スポーツ推薦で入部する新1年生4人が5日、東京・東伏見のグラウンドで初めて練習参加。新4年生たちに混じり、大阪桐蔭・中川卓也内野手、浦和学院・蛭間拓哉外野手の姿もあった。まだ真っ白な練習着に名字を大書。午前8時から3時間、きびきび動いた。昨秋のU18日本代表で主将を務めた中川と、副将の蛭間。気心知れるタクヤ2人は、いずれもプロを目指している。

 中川 4年間、小宮山監督に付いていって、日本一、プロを目指したい。

 蛭間 4年間、早稲田で勉強を含めしっかりやって、一流のプロ野球選手になれるよう頑張りたい。

 高校からプロ入りした同期が刺激だ。浦和学院からは渡辺が西武入り。蛭間が「正直うらやましい。渡辺を超えられるように」と言えば、根尾、藤原、柿木、横川と4人がプロに入った大阪桐蔭の中川も「自分も超えられるように」と声をそろえた。高校では一塁、三塁が主だったが、「一番難しいポジション。守備の幅が広がる」と、大学では二塁に挑む。小宮山監督は「4年後を見据えての4年間。彼らの想像を超えるところまで引き揚げたい」と後押しする。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

スクールアイドルをやっていなかった時期は、浦女を知っていただくために生物学オリンピックで活躍していましたわ

新人戦A~D1回戦
姉崎0-6佐原
土気1-3沼南高柳
国分1-2千葉日
我孫子6-0松戸国際
流山お2-1安房
柏中央2-0東金商業
成田0-6学浦
茂原北陵2-0市川
国府台2-4柏陵
船橋二和0-4県船
君津上総2-1松戸馬橋
薬園台2ex4柏井
昭和秀英05pk40市立稲毛
八千代東1-2千葉商大付
茂原0-4千葉北
船橋芝山1-0志学館

▼1/19 17:00〜20:00 衛星劇場「どっぷりステージDAY」
こまつ座「日の浦姫物語」(2019)
演出:鵜山仁 作:井上ひさし
出演:朝海ひかる/平埜生成/石川武/沢田冬樹/櫻井章喜/粟野史浩/木津誠之/川辺邦弘/宮澤和之/越塚学/赤司まり子/名越志保/岡本温子/たかお鷹/毬谷友子/辻萬長

もっと読み込む...

 

アーカイブ