浦学、粘りの8強 桐光学園に3―2 春季関東大会

(16日・水戸市民ほか)

 第2日は2回戦7試合が行われ、埼玉県勢は浦和学院が3-2で桐光学園(神奈川1位)に競り勝ち8強入りした。初戦に臨んだ花咲徳栄は0-1で土浦湖北(茨城2位)に惜敗した。

 浦和学院は2-2の六回、萩原大の右前適時打で勝ち越し。投げてはエース南が5奪三振ながら2四球と制球が安定し、打たせて取る投球で自身初完投をマークした。花咲徳栄は三回、四球と失策が絡んで犠飛で失点。打線は好機でミスが目立ち、好投の松本を援護できなかった。

 第3日は17日、準々決勝4試合が行われ、浦和学院は日川(山梨1位)と対戦する。

 【戦評】

 浦和学院が投打に粘り強さを見せ、桐光学園との接戦を制した。

 浦和学院は先発の南が被安打9、5奪三振ながら2失点完投。2四球と制球が良く、打たせて取る投球が光った。九回1死二塁では星が本塁を狙った走者を刺した。

 打線は一回に久保の適時打で逆転。五回に追いつかれたが、六回1死一、二塁で萩原大が決勝点となる右前適時打を放った。

◇打順下がり奮起 意地見せる一打

 元3番打者が意地の一打で勝利を呼び込んだ。1回戦の6番から打順が下がり、7番に入った萩原大が六回1死一、二塁で決勝の適時打。「打てないのに使ってもらっているので絶対打ってやろう」と直球をミートした。

 県大会では全7試合に3番で先発したが、打率2割4分で打点0と本調子には程遠かった。不振の原因は体の開きの早さにあると自覚している。「最後は気持ちだけ。打ったときはめちゃくちゃうれしかった」。チーム内で“王子”と呼ばれる端正な表情を緩ませた。

◇成長実感の勝負強さ

 14安打と打ち勝った初戦から一転、浦和学院が手に汗握る1点差試合をものにし、勝負強さを見せ付けた。森監督は「接戦のいい試合だった」と内容に満足感を示した。

 立役者は今大会から背番号1をつけ、初先発となった南だ。激戦の神奈川を1位で通過した桐光学園に9安打を打たれながら要所を締め、2失点で自身初完投。「カーブでカウントが取れたので投球の幅が広がった」と、打たせて取る新たなスタイルに生まれ変わった。

 県大会では全試合に先発し、三振も多いが四球も多いという悪癖で救援の阿部に助けてもらうことが多かったが、今回はピンチでも「絶対に交代しません」と続投を直訴。森監督も「調子は良くなかったが、ピッチングができていた。彼には大きな一日」と成長を認める。

 1回戦で3失策の野手陣は一回に再び失策から失点。だが、1点を守る九回1死二塁では中前に抜けた当たりを星が好返球し、本塁を狙った走者を久保がブロックで封じるなど好守も披露した。猛打の後は堅守で勝利。前年王者のエンジンが徐々に温まってきた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ