走者背負いリズム崩す 浦和学院・阿部投手

 今大会屈指の右腕・浦和学院の阿部良亮(3年)が、6回にリズムを崩した。無死のまま失策と内野安打で2人の走者を一、三塁に背負うと、次打者は本庄一の4番田尻裕紀(同)。左前へはじかれ同点。さらに6番の中沢宏晃(同)も中前打となり、逆転された。

 「どちらも抑えがきかずに直球が甘く入ってしまった。走者を背負って動揺してしまった」と振り返る。

 ピンチの時にマウンドに来た久保翔平(同)からは「切り替えて次の打者に集中しよう」と言われた。修正できた時もあったが、その後も点を許してしまった。

 準々決勝で左ひざを骨折した4番、原大輔(同)を欠いての試合だった。原からの激励メールに「原が次に立つ打席は甲子園だ」と返した。

 3回、先頭打者で中越え三塁打を放ち、先制の本塁を踏んだ。しかし、9回は内野ゴロで最後の打者に。一塁にヘッドスライディングしたが間に合わず、しばらくそのまま動けなかった。

(朝日新聞埼玉版)

◇浦学・阿部失点に「心動じた」

 浦和学院が準決勝で敗退した。本庄一に1-4で負け、2年ぶりの甲子園出場はならなかった。3回に先制したが、6回に失策、連打で2点を失った。3回から登板した阿部良亮投手(3年)は8安打4失点の投球内容に「要所で甘いところに入れてしまった。点を取られて、心が動じてしまった」と涙声で話した。

(日刊スポーツ)

◇けがで手術受け…

 浦和学院のベンチでは、準々決勝で左ひざを負傷した原大輔選手(3年)のユニホームが試合を見守った。4番バッターだが、この日は病院でひざの手術を受けていた。阿部良亮投手(3年)は試合前、原選手に「お前が次に打席に立つのは甲子園だからな」と伝えていた。試合後、阿部投手は「あいつの穴を埋められなかった」と涙を流した。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ