試合速報はこちら

11期生進路先(1991年3月卒)

 11期生(1972年4月2日~1973年4月1日生)
井上 洋一 国士舘大~日興信用金庫(現城北信用金庫)~戸田リトルジャイアンツ監督~戸田クラブコーチ~戸田クラブ監督
藤原 祥法 旬菜料理「でんご」(浦和区)経営

※判明している選手のみ掲載

0

3 COMMENTS

大東文化大学出身の元バレーボール部顧問

この時に浦和学院は埼玉県大会決勝へ進出も大宮東に2対12と大敗を喫したな。俺はこの当時、32歳で吹上中学校で一年四組の担任だった。

この大会の時に浦学には清水隆行や鷹野史寿といった後にプロ入りした選手がいたわけだな。

メンバーでは一塁手の相川が川口市立岸川中学校、二塁手の布施が川越市立第一中学校、三塁手の佐藤周二が鳩ヶ谷市立鳩ヶ谷中学校、遊撃手の井上洋一は戸田市立戸田中学校、左翼手の鷹野史寿は東村山市立第五中学校、中堅手の熊川憲雄は春日部市立谷原中学校出身だったのを記憶してる。

0
返信する
須田寿(昭和49年3月・大宮市植竹中卒業)

90年夏に3年生だった代だね。
決勝戦は大宮東と。二回に鷹野史寿選手(東村山第五中出身)の三塁打と佐藤周二選手(鳩ヶ谷中出身)の犠飛で同点に追いつくも‥

甲子園までは至らずとも浦学の強さはあったね。おぼえてるから。俺はその年に結婚したから

仲村、藤原、布施、佐藤、井上、熊川、荒井かあ
懐かしいよ(^^)v 布施は玄人(はるひと)だよね!

0
返信する
有賀里美☆(本名は須田早苗)

1990年夏の埼玉大会決勝を西武球場(現メットライフドーム)で観戦した。浦学は2対12と大宮東に大きく差をつけられ、(この時点での)3年ぶり三回目の甲子園出場は逃したが、序盤までは互角の戦いぶりだったのを記憶している。

(二)布施玄人
(遊)井上洋一
(中)熊川憲雄
(一)相川 潤
(右)荒井裕司
(左)鷹野史寿
(三)佐藤周二
(捕)藤原祥法
(投)仲村友道

↑がその試合の先発オーダーだった

0
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。