試合速報はこちら

がんばれ浦学:’11センバツ 2カ月ぶり、ノック練習


【写真】「基本に返るぞ」。久々のノック練習で声を掛け合うナインら=浦和学院グラウンドで(毎日新聞埼玉版)

 浦和学院のグラウンドで、約2カ月ぶりのノック練習が行われている。昨年12月から今年1月にかけて、下半身強化を目的に腰にロープでタイヤをつけたままでノックを受けてきたが、2月以降はタイヤを外して通常のノック練習に戻し、送球動作やボールさばきを確認するという。

 ノック練習の冒頭、小林賢剛主将(2年)が「今までやったことを思い出しながらしっかりやろう」と語りかけると、ナインは勢いよくグラウンドに駆け出した。しかし、中村要コーチ(37)が放つノックにナインは苦戦。「基本に忠実に」「慌てるな」との声が飛び交った。

 送球に手間取っていた室町辰徳選手(同)は「体重移動だぞ」と中村コーチから励まされ、後逸した日高史也選手(同)は「基本に返りたい」と話した。一方、柴崎裕介選手(同)は「体が軽く感じ守備範囲が広くなった」と、タイヤ練習の成果に手応えを感じていた。

(毎日新聞埼玉版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。