西武・石井義人内野手(17期生)が戦力外(10/9追記)

 西武G・G・佐藤外野手(33)と石井義人内野手(33)が来季の戦力構想から外れていることが6日、分かった。2軍選手は10日から宮崎でフェニックス・リーグに参加するが、故障者以外は同行することになっているメンバーから2人は漏れていた。

 G・G・佐藤は08年北京五輪の日本代表メンバー。07年から3年連続20本塁打以上の大砲も故障に悩まされ、昨年9月に古傷の両肘と左肩を手術。復活を期した今季は、1軍に1度も昇格できなかった。05年交流戦首位打者の石井義は今季12試合で打率1割5厘と低迷。2人は若手起用のチーム方針もあって、世代交代の波にのまれた格好だ。

 この日、西武第2球場で練習を行った石井義は「まだ球団から何も言われてないから、分からない」と話すにとどめた。9日に球団から通達される見込みだが、ともに現役続行を希望している。

(日刊スポーツ)

◇GG佐藤と石井義人が戦力外

 西口投手が2000奪三振を取り平尾選手がサヨナラ打を打った日になんとGG佐藤と石井義人の両名に対して来期の構想に入っていないというニュースが飛び込んできた。

 GG佐藤は右の大砲として大活躍してきたが昨年オフ、肘と肩の両方を手術するという大変な事態に陥ってしまい
今季は復活を期していたがファームに留まっていた。石井義人も結果を出せずに2軍落ち。その間に秋山など若い力が台頭して来てしまった。戦力外通告は9日に正式に発表されるという。

 GG佐藤のパワーあふれるバッティングと石井義人の芸術的な流し打ちは目を見張るものがあった。2人ともまだまだ33歳である。燃え尽きてはいないだろう。当然、現役希望で次の契約先を探すことになるであろう。GG佐藤は昔から噂のあった阪神タイガースか?石井は古巣の横浜か?想像の域は出ないが、オファーが来ることを祈りたい。

(西武ライオンズネット)

<10/9 13:58 追記>

◇GG佐藤、石井義、岩崎ら戦力外

 西武が9日、G・G・佐藤外野手(33)石井義人内野手(33)山崎敏投手(30)岩崎哲也投手(28)朱大衛投手(23)に戦力外通告を行った。今後は山崎が未定で、他4人は現役続行を希望している。

 今季限りで現役引退した野田浩輔捕手(33)はチームスタッフとして球団に残り、10日からの宮崎・フェニックスリーグに合流する。

(日刊スポーツ)

◇西武G・G・佐藤が戦力外…現役続行希望、石井義らも

 西武は9日、G・G・佐藤外野手(33)、石井義人内野手(33)、野田浩輔捕手(33)、岩崎哲也投手(28)、山崎敏投手(30)、朱大衛投手(23)の6選手に戦力外通告をしたと発表した。野田は引退してスタッフとしてチームに残り、他の5選手は現役続行を希望している。

 G・G・佐藤は2004年に入団し、08年には北京五輪に出場した。昨年に左肩と両肘の手術を受け、今季の1軍出場はなかった。石井義は横浜から03年に移籍し、今季は12試合の出場にとどまっていた。

(スポニチ)

◇西武がG・G佐藤らに戦力外通告 

 西武は9日、G・G・佐藤外野手、石井義人内野手、野田浩輔捕手、朱大衛投手、山崎敏投手、岩崎哲也投手に来季の戦力外通告を行った。

 野田はスタッフとしてチームに残るが、他の5選手は現役続行を希望しており、トライアウトを受ける予定。

(デイリースポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ