<浦和学院だより>ベンチ入り18人発表 佐藤が背番号1に

201203141322.jpg
【写真】メンバーに選ばれた選手が森監督(右から2人目)と一人ずつ握手を交わす=13日午前、浦和学院高校グラウンド(埼玉新聞)

 選抜大会開幕を8日後に控えたチームは13日午前、同校グラウンドで甲子園メンバー18人を発表した。

 メンバーは昨秋の関東大会から3人が入れ替わった。前回大会でエースナンバーを背負い、昨秋は主に8番だった佐藤拓也が、背番号1に返り咲いた。左翼手の山根佑太が7番に昇格。明治神宮大会で好投した涌本亮太はけがの影響で外れ、左腕の野村亮太が10番で初のベンチ入りを果たした。

 ポジション別では、投手が5人、捕手が2人、内野手が6人、外野手が5人。学年別では新3年生が10人、新2年生が8人選ばれた。

 メンバー発表では、森監督がベンチ入り18人の名前を呼び、一人一人と握手を交わした。

 森監督は、「選ばれたメンバーはプレーでチームに貢献できる。勇気と希望を与えるプレーを責任を持ってやってほしい」とベンチ入り選手にハッパを掛けた。

 主将の明石は、「埼玉に優勝旗を持って帰ってこよう」とメンバー、メンバー外問わず、全員が一丸となって戦うことを強調。応援団長を務める捕手の西尾は、「全力で応援したい」とその思いを受け取った。

◇エースナンバー背負い雪辱へ

 森監督から一番に名前を呼ばれたのは、佐藤だった。「冬の間、選抜で背番号1を付けることを目標に練習してきたから、うれしい」。昨秋県大会以来のエースナンバーに白い歯がこぼれた。

 ただ、表情を崩したのは最初だけ。前回大会は完投したが5失点し負け投手となった。リベンジのマウンドへ、意気込みは相当だ。「去年の経験を生かす。自分が投げてチームの勝利に貢献しないと意味がない」。ここからが本当のスタートラインだということを、エースは自覚している。

◇「打で魅せたい」 山根が「7」に昇格

 新2年の左翼手山根が背番号7を勝ち取った。それでも、「7番は特に意識してない。試合に出られればいいです」と、一切浮かれることなく本番を見据える。

 練習試合も残り2試合。今のところ主力が出場する試合では代打が多いだけに、「一発で結果を残せることをアピールし、甲子園では先発で出たい」と青写真を描く。

 強力打線の中でも、ヘッドスピードは随一だ。「打つ方で魅せたい」と誓う山根。背番号の通り“ラッキーボーイ”になれる素質は十分だ。

■ベンチ入り選手

①佐藤拓也  3年 投 手
②林崎龍也  3年 捕 手
③明石飛真  3年 一塁手◎主
④緑川皐太朗 3年 二塁手
⑤木暮騎士  2年 三塁手
⑥竹村春樹  2年 遊撃手
⑦山根佑太  2年 左翼手
⑧石橋 司  3年 中堅手
⑨笹川晃平  3年 右翼手
⑩野村亮太  2年 投 手
⑪山口瑠偉  2年 投 手
⑫西川元気  2年 捕 手
⑬伊藤祐貴  2年 投 手
⑭森戸佑樹  3年 二塁手
⑮吉川智也  3年 三塁手
⑯渡邊 剛  2年 投 手
⑰西岡伸朗  3年 中堅手
⑱安室健太  3年 中堅手

※左から背番号、氏名、新学年、位置

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ