試合速報はこちら

センバツ高校野球/展望と注目選手

<センバツ高校野球:展望と注目選手>

◇展望

 優勝候補は昨秋の明治神宮大会を制した光星学院(青森)、同準優勝の愛工大名電(愛知)に、ドラフト1位候補の好投手を擁す花巻東(岩手)、大阪桐蔭(大阪)、最近4年間連続で決勝進出を果たしている九州勢の神村学園(鹿児島)、九州学院(熊本)あたりか。この中で花巻東と大阪桐蔭がいきなり初戦でぶつかる。

 光星学院は3番田村龍弘捕手、4番北條史也内野手が中心の強力打線で、東北勢初の全国制覇を目指す。昨年夏の甲子園で優勝、神宮大会も制し勢いに乗る。

 愛工大名電は「高校ビッグ3」の一角、左腕の浜田達郎投手がチームの中心。183センチ、85キロの体格から最速147キロの速球、鋭いスライダーを投げ込む。連投に耐えるタフさもある。打線も伝統の機動力が健在で対戦チームのバッテリーは悩まされるだろう。

 花巻東は投打でプロ注目の大谷翔平投手がチームを引っ張る。大谷は左股関節の故障も癒え、どんな投球を見せるか。長打力が魅力のバットも注目。

 大阪桐蔭は196センチの長身右腕、藤浪晋太郎投手をはじめタレントが揃う。

 神村学園は攻守にバランスが取れた好チーム。九州学院は10年夏ベスト8、昨春は2回戦進出と経験豊富なメンバーが揃う。主砲・萩原英之外野手は1年夏から主軸に座り、プロも注目のスラッガーだ。

 このほか、昨秋の関東大会を制した浦和学院(埼玉)、昨夏甲子園ベスト4のメンバーが多数残る作新学院(栃木)、近畿大会を制した天理(奈良)、昨夏甲子園8強の智弁学園(奈良)、好投手が2人を擁し神宮大会4強の鳥取城北(鳥取)も上位を狙える実力がある。

◇注目選手

 投手は「高校ビッグ3」の花巻東・大谷、愛工大名電・浜田、大阪桐蔭・藤浪の3人が筆頭。このほか最速145キロ右腕、女満別・二階堂誠治、投打にレベルの高い智弁学園の青山大紀、微妙に動くボールで打ちにくい作新学院・大谷樹弘、抜群の制球力を誇る横浜・柳裕也、関東一の2年生エース、中村祐太、172センチと小柄だが球威のある三重・三浦浩太郎、185センチの長身から重い速球を投げ込む鳥取城北・西坂凌、ややサイド気味から140キロ超の速球を投げ込む神村学園・柿沢貴裕らにも注目。

 野手は北から長打が魅力の光星学院の田村、北條。作新学院の高山良介外野手は一発があり守備も強肩。浦和学院の佐藤拓也外野手は持ち前のバットコントロールのうまさに加え打球に力強さが増した。同僚の笹川晃平外野手も3拍子揃った好選手だ。愛工大名電の佐藤大将内野手もいい。走攻守すべてにスキがない。プロに多くの強打者を送り込んでいる大阪桐蔭は4番の田端良基内野手に注目。飛距離は今大会NO・1か。天理の主砲、吉村昴祐は188センチの大型内野手。甲子園で実績のある九州学院の溝脇隼人内野手、萩原英之外野手からも目が離せない。

 このほか俊足が魅力の光星学院・天久翔斗外野手、横浜・青木力斗三塁手の守備にも注目。

(日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。