はばたけ浦学:バッティング練習に汗 きょう三重と対戦

 第84回選抜高校野球大会に出場している浦和学院は26日、兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンターなどで約5時間練習に取り組んだ。浦和学院は27日の第2試合(午前11時半開始予定)で、ベスト8入りをかけて三重(三重)と対戦する。

 この日は午前11時から同センターでバントや守備練習を行い、午後からは、尼崎市立尼崎高校のグラウンドで三重の右腕、三浦浩太郎投手をイメージしながらバッティング練習で汗を流した。1番打者の竹村春樹内野手は「どんな形でも絶対に塁に出てチャンスを作りたい」と意気込んでいた。

 バッティングマシーンを相手に快音を響かせていた笹川晃平外野手は「(三重の)三浦投手はスライダーがいいので、4番として打ってチームを勢いづけたい」と話した。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ