連戦想定 投手陣が意欲 雨上がりのグラウンド 練習に熱

201208161255.jpg
【写真】ブルペン投球やシートノックに汗を流す選手たち(朝日新聞埼玉版)

 埼玉代表、浦和学院の選手たちは15日午前、兵庫県西宮市内のグラウンドで、シートノックや打撃練習に汗を流した。

 曇り空で太陽はさえぎられていたが、雨上がりのグラウンドはかなり蒸し暑い。「簡単なボールこそ、基本通りしっかり捕れ!」。コーチ陣からキャッチボールをする選手たちに厳しい声が飛ぶ。選手たちは顔を真っ赤にしながら、全力で練習に取り組んだ。

 次戦に勝つと試合間隔は一気に狭まる。目標の全国制覇を成し遂げるには、投手陣のスタミナが大きく左右する。エースの佐藤拓也投手(3年)は甲子園で勝ち上がることを想定し、春から走り込みを続けてきた。大粒の汗を浮かべ、球筋を確かめながら約40球を投げた佐藤投手は「連戦になれば自分たちが有利。勝ち進みたい」と意欲を見せた。

 控えの山口瑠偉投手(2年)は約60球、小島和哉投手(1年)も約40球を投げた。2人は「関西入りして調子は上がっている」と登板への自信を見せた。

 2回戦の聖光学院(福島)戦は17日第1試合(午前8時開始)の予定。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● 彼女いるんですか?…
● 彼女って浦学の赤学年ですよね?…
● のっくぴーや…
● ズバリ好きな人は??…
#質問箱 #匿名質問募集中

peing

匿名で聞けちゃう!Kazuさんの質問箱です

ヤキュウブ⚾️

peing.net

高橋まだこの回投げさせても良かったやろ
まだまだ球威あったし
しかし前の試合に続いて勝ち投手の権利持っての降板やし良かった
高校時代も選抜優勝以降勝ち星無かったけど春日部共栄戦浦学戦も良かったし甲子園はええのかもね

もっと読み込む...

 

アーカイブ